電気凝固法でワキガ手術ができる病院はどこ?効果や再発までご紹介

Pocket

わきがの治療方法のひとつに「電気凝固法」があります。
保険治療のできる剪除法やボトックス、ミラドライに比べて施術できる病院も少なく、マイナーな施術法に思える電気凝固法ですが、どのようにワキガを改善するのでしょうか?
今回は、電気凝固法きそから効果や費用、施術できる病院まで見ていきたいと思います。

ページコンテンツ目次

電気凝固法の基本情報

読み方……

でんきぎょうこほう
電気凝固法は、「汗腺凝固法」や「絶縁針脱毛法」とも呼ばれ、クリニックだけでなく脱毛を目的としたサロンでも使用される治療法です。

保険適用ができず自由診療となるので、病院によって6~40万とかなりの差が出てしまいます。ただ、1回の治療費が安いクリニックやサロンでも、10回以上の通院が必要な事があります。最終的にかかる金額を最初に確認しておくことが大切です。

ワキガ治療としての電気凝固法は、脱毛用の絶縁針で行ったり、それよりも長いワキガ用の針を使用します。針を毛穴に差し込み、アポクリン腺がある位置まで届いたら高周波電流を流して汗腺を熱凝固させて機能停止させます。
針は細いものなので傷跡が残りにくく、その日からシャワーが大丈夫など、日常生活が送れることなども電気凝固法の特徴です。

一般的な電気凝固法の治療手順

電気凝固法は、一般的には以下のような手順で行われます。

1、 脇に局所麻酔を行う
2、 毛穴に絶縁針を差し込み高周波連流を流す
3、 施術部を保冷材などで冷やす

といった方法です。上記の中で、
・局所麻酔の方法
・冷却の時間や方法

など、施術内容は病院によって様々な特徴がありますので、HPやカウンセリングで確認してください。

一般的な電気凝固法の手術後の経過

電気凝固法の施術を終えた後の、術後の経過は以下のようになります。

手術翌日……

まれに施術部位にかさぶたや赤いポツポツができる(違和感やツッパリ感が出る事もある)

手術1週間~1カ月……

赤いポツポツや違和感、ツッパリ感が徐々に消えていく

入浴は何日か制限される病院もあるようですが、当日からシャワーは浴びる事ができます。
制汗剤を使用すると炎症を起こすことがあるため、状態が落ち着くまでは使用しないなど、術後の注意点は病院によって違うので、施術を受けた病院の指示に従ってください。

術後のリハビリ

電気凝固法は特に術後のリハビリは必要ない事が多いです。
もししばらくたっても脇にツッパリ感が残っている時は、施術した病院で診察を受けて下さい。

電気凝固法治療のメリット

電気凝固法でワキガ治療を行った場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?メリットを4つ挙げてみます。

ダウンタイムがない

電気凝固法は、腕を動かしてはいけないなどの運動制限がなく、治療後グールダウンをした後の腫れや痛みが、他の治療法より少ない治療法です。
そのため、仕事を休めない方や学校に通っている学生でも、施術しやすい手術法といえます。

傷跡や色素沈着が残らない

毛穴に細い針を刺してワキガ治療をする施術法なので、治療後に少々赤みやかさぶたができても、徐々に少なくなり傷跡や色素沈着は残りません。
そのため、夏にノースリーブやTシャツなど、脇が見える服を着たい方でも安心してワキガ治療ができます。

子供も治療可能である

電気凝固法は、高学年位の子どもから治療を行えます。
病院によって、受け入れの年齢が違う事がありますので、相談してみて下さい。

治療時の痛みがない

麻酔を打ってから治療をするのですが、治療中に痛みを感じる事はほとんどありません。
麻酔が痛いと感じる時は、麻酔の前に冷やしてもらえる病院もあるので、相談してみて下さい。

電気凝固法治療のデメリット

メリットが多い電気凝固法ですが、もちろんデメリットもあります。
電気凝固法のデメリットはこちら。

電気凝固法を行っている病院が少ない

電気凝固法は機械が特殊である事に加えて、しっかりとワキガに効果があるように施術するには、かなり高度な技術が必要です。
しかも、毛穴1本1本に対して施術を行うので、手術や照射によるワキガ治療よりも手間がかかるため、医療収益が少なく取り入れている病院が少なくなっています。

施術回数が多い

電気凝固法は、何回も繰り返すことにより徐々にニオイが軽減していく治療法です。そのため、1回の施術でもちろん効果は感じますが、何回も施術が必要になります。

ただ、1回目と2回目の治療の間が空いても1回目の治療が無駄になる事はない点は安心です。

治療費が高額である

電気凝固法は、毛穴1本1本に働きかける施術です。また、保険適用もできないので治療費が高額になります。

何回かの治療が必要になる事が多いので、その点からも治療が高額になり易くなっています。

電気凝固法での手術後に再発することはある?

電気凝固法でワキガ切除を行っても、しばらくして臭いが戻ってきて再発と感じる方がいるようです。
なぜ再発したと感じるのか、その原因をいくつか挙げてみます。

一時的にダメージを受けていた汗腺が回復した

電気凝固法は、1回の施術で100%汗腺を凝固(破壊)する施術法ではありません。
施術をすると、もちろん汗腺にダメージがありニオイが無くなったように感じますが、ダメージを受けきれなかったいくつかの汗腺は、気絶していたようなものなので、再度回復してきます。
電気凝固法は、何回かの施術でニオイがジグザグに減っていくというイメージと考えると分かり易いかもしれません。

一般的に、1回目で40~50%、2回目で50~60%……などとワキガ臭が減っていき、何回かの施術で80~90%までの治療効果があると言われています。

脱毛用の電気針での電気凝固法だった

病院によって、脱毛用の電気針やワキガ用の少し長い電気針など選択できる病院があります。
また、脱毛を電気凝固法で行うとワキガにも効果があるとエステなどで勧められることがあるかもしれませんが、やはりダメージを与える量や深さが違ってくるので、汗腺の復活の量も多くなり、再発と感じやすい場合があります。

術後臭ってあるの?

電気凝固法に術後臭はあるのでしょうか?
電気凝固法に術後臭の口コミはあまり見当たらないのですが、やはりワキガ治療ということで、術後臭が気になる方がいるかもしれません。

どうしても施術前に術後臭の事が気になる方は、術前のカウンセリングなどで、電気凝固法を行った後に術後臭がすることがあるかなどまで質問をして、納得してから施術するようにしてください。

電気凝固法がおすすめの病院は?

電気凝固法は、メリットも多いワキガ治療法なのですが、取り入れている病院が少ない事もあり探しにくいかもしれません。
全国にある電気凝固法でワキガ治療を行っている病院を、口コミや体験談がある病院は口コミなども一緒にご紹介していきます。

電気凝固法でワキガ手術できる病院【愛知:名古屋】:さかえクリニック

( http://www.sakae-clinic.com/wakiga/#a02)
さかえクリニックは、EL法という名前で電気凝固法のワキガ治療を行っているクリニックです。
施術が長時間になりがちな電気凝固法なのですが、1回の治療時間は15~20分程度で終わりますし、何回EL法を実施すると、どのくらいのニオイ軽減ができるかなどの説明もしっかりとしてくれるので安心です。

また女性は10歳、男性は12歳くらいの、ある程度アポクリン腺が発達している子供でも治療ができ、しっかりと効果を実感しやすいお子様向けの9回コースも設定されています。

さかえクリニックでは、2~3か月に1回の通院で3~6回治療するのが一般的ですが、アクセスも地下鉄栄駅から徒歩4分、名古屋駅からもタクシーで8分程と、遠方からでも通いやすくなっています。

電気凝固法の施術費用

1回コース……180,000円
3回コース……370,000円
6回コース……550,000円
9回コース……750,000円
(全て税抜)
9回コースは、まだ汗腺が発達途中のお子様向けコースです。

さかえクリニックの口コミ

「汗の量より臭いが気になって他院で他のワキガ治療を受けたのですが、満足いくほどニオイに効果が感じられなかったので、他の切らずにできるワキガ治療方法を探していました。
麻酔は少し痛かったのですが、EL法自体は全然痛くありませんでした。施術直後は全くニオイもなくなって汗も減りました。
制汗剤が要らないのがとても快適で、気分も明るくなりました!」
出典:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101478/activity_detail/139220)

電気凝固法でワキガ手術できる病院【神奈川:横浜】:医療法人社団横浜ベイクリニック

(http://www.yokohama-bay.or.jp/backup/shinryo/osmi/waki3.html)
横浜ベイクリニックでは、絶縁針医学脱毛と同様な原理で、ワキガ専用の絶縁針を使用して汗腺を償却します。
汗腺凝固法にも、アポクリン汗腺凝固法・エクリン汗腺凝固法の2種類の方法を用意してあり、エクリン汗腺凝固法は広範囲での施術が可能です。
横浜ベイクリニックでの一般的な施術回数は2~4回の方が多いのですが、アポクリン汗腺凝固法は小林式絶縁針を使用し、一回の針でいくつかまとめてアポクリン汗腺に働きかける事ができます。

電気凝固法の施術費用

アポクリン汗腺・エクリン汗腺……片側:70,000円、両脇120,000円
【面積が広い場合】
エクリン汗腺(24㎠~47㎠)……両側160,000円
エクリン汗腺(48㎠~72㎠)……両側200,000円
(全て税別)

横浜ベイクリニックの口コミ

「説明が丁寧で、医師の腕前も確かだと思います。
横浜ベイクリニックに決める前に、3~4か所の皮膚科に問い合わせたけれど、どこも要望を聞いてくれなかったです。でも、横浜ベイクリニックは理性的に耳を傾けてくれてよかったです。」
出典:EPARKキュア(https://cure.epark.jp/clinic/1088/kuchikomi/)

電気凝固法でワキガ手術できる病院【東京:新宿】:新宿御苑美容外科

(https://gyoen-clinic.net/wakiga-nioi/)
東京の新宿で、電気凝固法で治療しているのはココだけ!の新宿御苑美容外科は、12歳から高齢者まで安全にワキガ治療ができるクリニックです。
小児ワキガも扱っている病院なので、料金体系もお得なコースがあり、時間内なら親子で施術時間を分け合う事もできるといったように、親子でワキガ対策ができます。

電気凝固法の施術費用

80分……150,000円
120分……200,000円
【エクストラコース】
160分……250,000円
200分……300,000円(2回~5回に分けて施術可能)
240分……350,000円(2回~6回に分けて施術可能)
※200分のコースからは、親子で分け合う事もできます。

新宿御苑美容外科の口コミ

「脇の臭いが気になっていたので、新宿御苑美容外科でワキガ治療を行いました。
カウンセリングがとても丁寧で、電気凝固法以外のボトックスなどの選択肢も説明があり、安心して施術を決めることができました。
施術に付いてですが、麻酔の注射の前にもアイシングをして痛みが和らぎました。わき毛と一緒に汗とニオイも前ほど気にならなくなったので満足しています。」
出典:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020534/activity_detail/71397)

電気凝固法でワキガ手術できる病院【大阪、兵庫:姫路】:きぬがさクリニック

(https://www.kinugasaclinic-japan.com/treatment/zetsuen/)
きぬがさクリニックでは絶縁針脱毛法という名前で、ワキガでも臭いが軽度の場合に電気凝固法でのワキガ治療を行っています。
毛乳頭を電気凝固することにより、脱毛と共に汗やニオイを減少させます。
傷跡は残らず、臭いは40~50%軽減できるので、永久脱毛と共に、ある程度ニオイを減らしたい方におすすめです。

電気凝固法の施術費用

絶縁針脱毛法……採血代・針代・麻酔クリーム・局所麻酔も込みで1回目は15分29,000円、2回目以降は15分30,000円です。
通院は、1カ月ごとに10~15回程度必要となります。

2年間の定額保障もあり、その場合局所麻酔を使用する時は麻酔代金の1万円が無料で、針代も2本目以降は無料になります。
範囲の面積計算方法は有毛部位の大きさになり、(右脇長さ×幅+左脇長さ×幅)÷2で出します。
29㎠以下……総額15万円
30㎠~39㎠以下……総額20万円
40㎠~55㎠以下……総額25万円
56㎠~69㎠以下……総額30万円
70㎠以上……総額35万円

面積の計算は、相談の時に針専門のスタッフが測り決定します。定額保障制度は、分割払いのプランもありますが、一括で行うと5%オフと少々お得になります。

まとめ

ダウンタイムが無く、傷跡も残らない等メリットも多い電気凝固法についてご紹介してきましたが、参考になった所はあったでしょうか?
電気凝固法は、施術をしている病院は他の施術法に比べて少ないですが、何度も施術を受ける事で効果を実感できるワキガ治療法です。
1回限りの治療ではないので、予約やカウンセリングでしっかりとコミュニケーションをとり、不安なく付き合っていけそうだと信頼できる病院でワキガ治療を行ってください。

Pocket