子供のワキガ、親はどう対処するべき?原因・対策方法まとめ

Pocket

子供が思春期近くなってきて、「もしかしてウチの子、ワキガかも……。」と思う事が増えた親御さんへ。

子供のワキガは、親が事前にしっかりと知識を付けて対策する事が大切です。子供が傷付かないようなコミュニケーションを心がけつつ、陰ながらサポートしていくのが基本的なやり方となります。

今回は【子供のワキガ】をテーマに、発生原因・予防と対策・子供とのコミュニケーションの取り方などをお話していきますね。

子供にワキガが発症してしまう原因とは?

まずはワキガの仕組みや、子供にワキガが発症してしまう原因についてお話していきます。

ワキガの仕組み

人間には【エクリン腺】と【アポクリン腺】という2つの汗腺があります。

エクリン腺から出る汗は99%が水分とされていますが、アポクリン腺から出る汗はタンパク質やアンモニアといった臭い成分が多く含まれています。

この臭い成分が、皮脂・皮膚の常在菌・雑菌などと混ざり合うことによりワキガの臭いを発生させるのです。

ワキガ体質の人はこのアポクリン腺の数が比較的多い為、ワキガの症状が発生しやすくなってしまいます。

ワキガの主な原因は遺伝

そのアポクリン腺がどうして人より多くなってしまうのかと言いますと、一番の原因とされているのが【遺伝】という先天的な要素です。

両親や祖父母など、血縁関係にある人にワキガ体質の人がいる場合、子供もワキガになってしまう可能性が出てきます。

親のどちらかがワキガの場合は約50%、両親ともワキガの場合は約80%の確率で子供もワキガになってしまうと言われているのです。

両親がワキガでなかった場合も、祖父母からの【隔世遺伝】で運悪くワキガが遺伝してしまうケースも。

もう一つ可能性があるとしたら、脇汗をかいた時に放置しておいたり、不衛生な状態で雑菌が繁殖してしまったことによってワキガの臭いが起こるというものです。

この場合は脇汗をこまめに除去したり、脇を清潔に保っておく事で改善します。

子供がワキガかどうかチェックする方法

子供がワキガかどうかは、思春期近くなってくると親の方が先に気付きやすいものですが、「ワキガが遺伝しそうなので発症する前に調べておきたい」という人もいるでしょう。

子供にワキガが遺伝しているかどうかをチェックする為の目安となるのが、以下の内容です。

子供のワキガチェック1:耳垢で判断

ワキガかどうか判断する為の材料として、耳垢は信頼性が確実ではないにしろそこそこ高めです。

耳垢がカサカサタイプではなく、黄色く湿っているタイプであれば、ワキガ発症の可能性があると考えられます。

間違えやすいのが子供が「汗っかき」なタイプ。汗が多い事でも耳垢は湿ります。
単に耳垢が湿っているからと言って安易な判断は禁物です。

子供のワキガチェック:汗や体臭の臭いで判断

赤ちゃんの頃からなんとなく汗の臭いがキツかった気がする、体臭が目立つ気がする、と感じる場合も一つの判断材料です。

子供からワキガ臭特有の臭いをふと感じる事がある場合は要注意です。

また、子供が脱いだ後の服の脇部分が黄ばんでいる場合も可能性は高いと言えるでしょう。

子供のワキガはいつ頃発症するの?

子供のワキガは多くの場合、小学校高学年から中学校にかけての思春期に発症する事が多いです。

思春期によりホルモンバランスが変化することで、アポクリン腺が刺激され汗の量が増えてしまうことが関係しています。

特に女性の場合は生理が始まり2〜3年経った頃、男性の場合は思春期が始まる前後くらいから発症しやすいようです。

しかし近年では子供達の肉体的な成長が昔に比べて著しい事と言われていることから、ワキガの臭いが表れ出すのが低年齢化してきているという見方も。

子供がワキガと分かった時、親はどうするべきか?

「子供がワキガかも?」と思った時、もしくはワキガである事がほぼ確定している時、注意してほしいのは「親が過剰に反応してはいけない」という事。

子供というのは母親の態度や言葉に敏感です。
特に身体の臭いというデリケートな問題であることから、親の伝え方を敏感に受け取りすぎてしまい「自分は周りの子よりも臭いんだ……。」などと自己否定感やトラウマに繋がってしまう恐れもあります。

普段から子供が何でも相談しやすい家族関係を築いておく事が大切であり、親がワキガの件について触れて良いのは「子供の方から相談してきた時」です。

親がワキガである場合は、親が自らのワキガのケアをしっかりやっている姿を子供に普段から見せておくのも一つの方法です。

そうすればいざ子供がワキガに悩んだ時、親の真似をしてデオドラントスプレーを使うなどの対策が自分でできるようになります。

子供のワキガ手術……受けた方が良いの?

ワキガ手術が有効な時期は高校生になってからです。

小学校や中学校のうちはまだアポクリン腺が成長途上であり、手術をしても再発する可能性がある為あまりオススメはできません。

高校生になる頃にはアポクリン腺が十分成長しきっている為、手術を受けても大丈夫な時期とされています。

手術を受けるか受けないかの判断は、子供の意思を最優先に決定しましょう。

ワキガが関係する子供のイジメ

多くのワキガ経験者が「ワキガはイジメの標的になりやすい」と述べています。

日本のワキガの割合は約10〜15%と少ない上に、臭いの症状という事から、どうしても周囲に与える影響も大きいです。

子供というのは精神的にも未成熟で、「自分と違う」と判断したものに対して容赦がありません。
違和感のある臭いに対しても、正直に指摘したり、わざと遠ざけたりと、ワキガの子が傷付くような対応を平気でしてしまいます。

ワキガが原因でイジメにあい、不登校や引きこもりになってしまうケースも少なくありません。

子供がワキガでイジメにあわない為に親ができる事

多感な子供に「あなたの脇は体質的にどうしても臭くなるから、きちんとケアしないとダメよ」なんて間違っても伝えてはいけません。

親の一言は子供にとっては強いものですので、下手をすれば人生を左右しかねないトラウマを子供に与えてしまう可能性も。

前述した通り、親の方から子供のワキガについて指摘するのはオススメできません。

そんな時にできる予防方法としておすすめなのは、普段使っているボディソープをワキガ用ボディソープと入れ替えておく事です。子供に直接伝わる事なく、こっそりとワキガ予防のサポートができます。

子供の方から自覚して相談してきた場合は、効果が高いデオドラント製品を用意したり、自分でできるケアの方法を伝えるなど、親がしっかりとアドバイスしてあげましょう。

子供と一緒にチャレンジ!ワキガの臭い対策

直接子供に伝えずとも、親が子供にできるワキガ対策はいくつかあります。
主に食事習慣や衣類の洗濯など、家事でカバーできる内容がメインですね。
子供が相談してきた時の事も考えて、以下の対策方法は頭に入れておくのをオススメします。

子供のワキガ対策1:食生活の工夫

ワキガ臭の原因であるアポクリン腺を刺激してしまう、以下の食べ物を多く取りすぎないようにしましょう。

・肉類など、動物性脂肪が多い食べ物
・揚げ物やジャンクフードなど、食用油が多い食べ物

上記の食べ物はワキガなどの体臭の元となる「皮脂」を分泌しやすくするものです。

逆に、ワキガ臭の改善に繋がる以下の食品を多めに取り入れるのが良いでしょう。

・もずく、めかぶ
・食物繊維が含まれた食べ物(緑黄色野菜など)
・乳酸菌が含まれた食べ物(納豆、ヨーグルトなど)
・抗酸化作用がある食べ物(きのこ類、緑黄色野菜など)

なぜ【もずく】や【めかぶ】が効果的なのかと言いますと、これらには【フコダイン】と言う、体の中の臭い物質を排出しやすくする働きを持っているからです。

子供のワキガ対策2:身体を清潔に保つ心がけを

ワキガの臭いが目立つようになった、もしくはワキガ発症率が高いとわかった段階から、脇を中心とした身体の臭い対策を心がけていきたいところ。

消臭効果の高いワキガ用のボディソープはぜひ取り入れてあげたいアイテムですね。

子供のワキガ対策3:洗濯物を清潔にする

ワキガの臭い成分は洗濯をしても落ちにくい傾向があります。

脱いだらすぐに洗う、40度くらいのお湯で洗濯機を回すなど、臭いを服に付けたままにしない工夫が必要です。

他にもデオドラント効果のある洗剤で洗ったり、子供が服を着る前に消臭スプレーを振るなどの対策もできます。

子供のワキガ対策4:デオドラント製品は効果の高いものを

子供が自分から相談してきた時は、デオドラント製品での臭いケアのやり方をアドバイスしてあげましょう。

まず最もお手軽な対策方法として、デオドラントスプレーやボディペーパーが即効性も高くおすすめです。

しかし、また汗をかく事で臭いが再び出てきますので、1日に複数回のケアが必要になる事、擦りすぎてはいけない事なども伝えてあげてください。

思春期の頃は肌も敏感なので、脇の擦りすぎも肌荒れの原因になってしまいよろしくありません。

特に香料入りの消臭スプレー、メントールなどスースーする成分が含まれたデオドラント製品は、肌に刺激や負担を与えてしまうので避けましょう。

無添加・無香料のものや、アレルギーフリーのデオドラント製品がおすすめです。

子供のワキガ対策5:脇の保湿をしっかりと

お肌というのは乾燥してしまうと、お肌が自らを守ろうとしてアポクリン腺から汗を出してしまいます。

制汗剤などの効果が薄いと感じる場合、保湿がしっかりできていないのも原因の一つです。

ワキガの臭いが気になるからと言って、何度も脇を拭く事で皮膚を乾燥させてしまうと、かえって臭いの悪化に繋がってしまいます。

脇を拭いた後はデオドラントクリームで保湿をするなどの対策が必要です。

子供のワキガ・まとめ

子供が相談してきた時に、親がしっかりアドバイスやサポートできるよう、日頃からワキガの知識をしっかり付けておく事をおすすめします。
子供に気付かれないように、食事や衣類のケアでこっそりサポートしてあげるのもオススメです。
また、子供が相談しやすい家族環境を作っておくことが重要になってくるので、日頃のコミュニケーションを大切にしていきましょう。

Pocket