体臭・加齢臭は体質改善で解消できる?

Pocket

何となく自分のニオイが気になるということありませんか。人に迷惑をかけているんじゃないかとか、臭いと思われているんじゃないかと心配になることありますよね。今回は体臭の種類と体質改善により体臭は解消ができるのかを解説いたします。

1.そもそも体臭って、なぜ臭うの?

日本人は諸外国の人と比べても、きれい好きでニオイに敏感で厳しいといわれていますが、大なり小なり誰にでも体臭はあります。

ニオイの原因は、雑菌の増殖によるものか、皮脂などが酸化したものから発生している場合が殆どですから、自分の体臭を増悪させる原因は何なのかを理解しておけば、対策も立てやすいというものです。

そして個人によってニオイに違いがあるのは、生活習慣や食事などからも影響を受けていることが多いのです。

2.体臭の種類とは?

体臭といわれるものには、汗や皮脂から発生する「ワキのニオイ」「頭からのニオイ」「足のニオイ」と、それ以外の「加齢」「口臭」「ストレス」「病気」が原因で発生するニオイに分けられます。

それぞれについて、簡単に解説いたします。

2-1.腋臭症

人の汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あり、汗自体に実はニオイはありません。

汗を放置した後に、皮膚や腋毛に付着している常在菌が、汗に含まれる栄養分をエサにして増殖したことでニオイが発生します。

同じように汗をかいても、ニオイの強い人とニオイがしない人の違いがあるのは、アポクリン汗腺の数が多いか少ないかの違いなのです。

2-2.頭皮のニオイ(ミドル脂臭)

ミドル脂臭とは、ジアセチルという物質によるものが原因です。

ジアセチルは、汗の中に含まれる疲労物質乳酸が、ブドウ球菌に分解され、さらに古くなった皮脂と結合して、できる物質で古くなった油のようなニオイが特徴です。

2-3.足のニオイ

足の裏にはたくさんの汗腺がありますので、他の部位よりも汗がかきやすく、靴などをはいていて通気性が悪いとすぐに蒸れてしまいます。

そして、足の裏は体重を支える必要があるため、皮膚が肥厚し角質層が厚くなっています。

つまり、汗、蒸れ、角質層(垢も含む)、体温(適温)により常在菌が増殖しやすい環境が整っているという部位なのです。

常在菌のみだけではなく水虫(白癬菌)があれば、さらにニオイは増悪します。

2-4.加齢臭

加齢臭は、男性のみに限らず女性からも発生するニオイで、原因はノネナールの増加であることが分かっており、中年以降加齢に伴って出現してきます。

一般的には、男性は汗や皮脂などの分泌が女性よりも多いため、それに伴ってしているのです。

ただ、加齢臭の原因であるノネナールは「アルコール類」「アルデヒド類」「脂肪酸」を控え、体を清潔に保つことで、ある程度抑えることが可能です。

2-5.口臭

口臭の大半は口の中に原因があるといわれています。

虫歯、歯周病、歯槽膿漏、噛み合わせなどを治療することで、殆どの口臭は改善されますので、口臭を指摘されたり、気になった場合には歯科受診することをおすすめいたします。

また起床直後は、誰でも生理的口臭が発生しており、口腔内が潤えば消失するニオイですので、心配はいりません。

極度な緊張やストレスがかかった時にも、唾液の分泌が減少し口臭が発生しますが、これも一時的なものなので、水分を飲むなどして対応しましょう。

2-6.ストレス

私達の体は非常によくできており、自分で意識をしなくても、無意識のうちに体を守れるように作られています。

しかしそれはあくまで、自律神経のバランスが整っている場合に、その防御機能が正常に働くのであって、ストレスや過度な緊張が続いた時には、そのバランスを崩してしまいます。

ストレスが原因で交感神経が優位になっていると、心臓がドキドキしたり、口が乾いたり、汗がかきやすくなるため、口臭や汗臭が強くなってしまうのです。

病気については、別の項目で解説いたします。

3.男女や年齢別による体臭ってあるの?

男性と女性でニオイが違ったり、年齢によっても違いがあるのをご存知ですか。

ニオイの元となる成分が明らかになっていますので、対応策も立てやすくなってきました。

3-1.加齢臭

加齢臭とは、女性にもありホルモンが減少しはじめる40代頃から発生し、皮脂が酸化したときに産生されるノネナールが原因です。

本来女性ホルモンは、抗酸化作用がるため、ニオイの元となるような物質が出ても分解されますが、加齢により女性ホルモンが減少すると抗酸化能力の低下により、ノネナールが蓄積されていきます。

加齢臭は男性特有のニオイではなく、女性にもあるということです。

ニオイを発生する部位は背中や首なので、丁寧に背中を洗い、抗酸化作用がある食物を摂取するようにしましょう。

3-2.ミドル脂臭

ミドル脂臭とは、30~50代の男性の後頭部や頭頂部からする古い油のようなニオイが特徴で、加齢臭とは別のジアセチルという物質が原因です。

中高年になり新陳代謝が低下してきているのに、食事や生活習慣を変えずに過ごしていると、頭皮に皮脂がたまりやすくなります。

そして、その頭皮にある汗腺から出る汗に乳酸が含まれており、常在菌であるブドウ球菌により分解されてジアセチルが産生されるのです。

頭は毎日、丁寧に洗い、新陳代謝を促すために適度に運動するのが良いでしょう。

ただし、頭はゴシゴシ洗いすぎると、皮脂が全て洗い流され逆効果となってしまいますので、ほどほどにしましょう。

4.体臭は改善できるの?

ところで、気になる体臭は体質改善などを行うことで、軽減もしくは改善が可能なのでしょうか。

体質改善と一言でいっても、具体的にはどういうことなのかが分かりにくいですよね。

体質を改善するには、細胞レベルで行っていく必要があり、その細胞を作るには、「良質な水」「良質な空気」「良質な栄養」を考えなければなりません。

俗にいう「虚弱体質」「太りやすい体質」「アレルギー体質」「ニキビや吹き出物ができやすい体質」「疲れやすい」「冷え性」などは、水、空気、栄養を整えるだけでかなり改善されます。

私達の体の60~70%が水分で占めており、細胞に栄養を運ぶ血管が健やかであれば、新陳代謝も促進され、老廃物も排出しやすくなります。

つまり、体質を改善することは健康な体に近づくということになります。

健康的になれば、老廃物によるニオイや酸化によるニオイなどを改善できるのです。

5.改善できる体臭とは?

原因がハッキリとしていて、日常生活で気をつければ改善できる体臭について説明いたします。

5-1.歯周病などによる口臭

原因が口腔内にありますので、歯科受診をしましょう。

治療後は、食後の歯磨きを習慣化し、口腔内を清潔にしておくことで、口臭は改善します。

5-2.口渇による口臭

唾液の分泌が減少している原因が、病気なのかストレスなど自律神経やホルモンの影響なのかを一度調べてみることをおすすめします。

単純に口を開けていて乾燥している場合や、空気が乾燥して口の中も乾燥してしまった場合には、飴をなめったり、水分を補給するなどで解消できます。

5-3.タバコによる体臭

タバコは湿気の多いものや脂の多い頭皮などにニオイが移りやすいため、簡単には取れません。

原因は解明されていませんが、タバコを吸っている人は、吸っていない人よりも普段から体臭が強いとされています。

タバコを吸うと活性酸素が増えるため、体が錆びやすく、抗酸化作用が進み老廃物がたまりやすいためではないでしょうか。

5-4.アルコール臭

アルコールを飲んだ後に、アルコール臭がするのはもちろんですが、常にアルコールを多飲している人は肝臓などを悪くし、アルコール臭の他にアンモニア臭がする場合があります。

そして、アルコールは肝臓だけではなく脳機能障害を引き起こし、日常生活を送れなくなることもありますので、アルコールの摂取量には気をつけましょう。

5-5.便秘による体臭

腸内環境が悪くなると便秘や下痢になったりすることで、老廃物がうまく排出できない、もしくは栄養や水分を吸収できないなどの体調を崩すことになります。

腸にはたくさんの神経や血管が走っている部位でもありますので、老廃物が排出されない場合に、その毒素が血管内に逆流し便臭を放つことがあります。

そして腸は第二の脳といわれ、通過したものが体にとって良いか悪いかも記憶できる臓器で、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの95%を作っています。

そんな重要な臓器であれば、便秘や下痢などしない腸内環境をと思うはずです。

5-6.加齢臭

加齢臭の原因は解明されていますので、体が酸化しないように、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを食事から摂取し、ノネナールや皮脂をキチンと洗い流すことが重要です。

ノネナールは特に首や背中などから出やすいため、毎日丁寧に洗うことで加齢臭を軽減することができます。

6.治療が必要な体臭とは?病気が原因?

誰にでも起こり得る生理的体臭である汗臭と加齢臭とは違い、病気が原因で発生する体臭について簡単に説明していきましょう。

6-1.糖尿病

糖尿病はその名の通り、尿から糖分から溢れ出る病気のため、糖尿病という病名がつきました。

糖尿病は、食物から得た糖分をうまく体に吸収できなくなるため、食べても食べても各臓器が栄養失調になってしまうという特徴があります。

血液や尿の中には、たくさんの糖が含まれていますが、各臓器には糖が行きませんので、体内に貯蓄していた脂肪をエネルギーに変えて行きます。

脂肪がエネルギーに変換される際に「ケトン体」が生成されますが、そのケトン体が甘酸っぱい臭いの原因です。

ダイエットを行う場合に、糖抜きダイエットをすれば、体内の脂肪がエネルギーを作り出しますので、同様にケトン体が生成され、ケトン臭(甘酸っぱい臭い)がします。

ダイエット中でもないのに、甘酸っぱい臭いがしてきた時は、糖尿病発症の危険性がありますので、一度医療機関を受診しましょう。

糖尿病は放置してはいけない病気です。

6-2.腎臓病

腎臓は血液を濾過し、老廃物を尿と一緒に体外へ排出させる役割がありますので、腎臓を悪くすると、体の中に老廃物が蓄積し、尿臭がするようになります。

6-3.肝臓病

肝臓を悪くすると「ネズミ臭」や「ドブ臭」がするといわれています。

肝臓の働きは「解毒」と「代謝とエネルギーの貯蔵」そして「胆汁の生成」ですが、肝臓の働きが悪くなると体に害を及ぼすアンモニアが排出されなくなり、独特なニオイを放つようになります。

本来肝臓は食べた食物を、各臓器が必要とする形のエネルギーに変えるのと、ブドウ糖をグルコースという形に変え、エネルギーを貯蔵するのですが、それができなくなりますので、脳や各臓器が栄養不足となり、老廃物が体内に溜まって意識障害などを起こします。

6-4.魚臭症(トリメチルアミン尿症)

名の通り、魚が腐ったようなニオイのする病気で、乳児や幼児にみられるため、母親が病気を発見することが多いのです。

これは生まれつき特定の酵素がないために起きます。

強い体臭以外の健康障害はありませんが、ニオイを最小限に抑えるためにコリンやレシチンが多く含まれる、海産魚介類や卵黄、乳製品、豆類、肉類を控えるのをおすすめします。

6-5.メープルシロップ尿症

尿がメープルシロップに似たニオイがするため、この病名が付けられました。

メープルシロップ尿症は先天性の代謝異常で、精神発達に大きく影響を与え、痙攣を引き起こしたり、最悪死亡する危険性もあるため、早期発見・早期治療が必要です。

6-6.フェニルケトン尿症

トリメチルアミン尿症と同様に、特定の酵素がないために起きる先天性の病気で、カビ臭い尿から、母親が気付くことが多いです。

放置すると精神発達に障害をきたすため、生涯にわたり食事療法と薬による治療を行う必要がありますが、早期に治療を開始すれば正常に発達していきます。

7.体質改善をしたら、体臭は消える?

体質改善は体臭だけではなく、
免疫力を上げたり、生活習慣病を予防することにもなりますので、できる範囲で改善を試みて頂きたい項目です。

・基礎代謝をあげる(適度な運動)
・体を温め体温をあげる(入浴や運動)
・栄養バランスを整える(ビタミン・ミネラル・タンパク質・食物繊維を摂る)
・睡眠をとり疲れをためない(リラックスし自律神経を整える)
・腸内環境を整える(老廃物をためない)
・清潔を保つ(さまざまな感染症から身を守る)

以上のことは、健康管理を行うことにもつながりますのでおすすめです。

8.まとめ

生活習慣を見直したり、栄養管理を行うことは、ホルモンや自律神経が整うことになり、たとえ病気になっても早期に回復したり、気持ちが前向きになるため、体臭改善を行う上でも効果的です。

鼻をつまむほどの悪臭では困りますが、基本的な体臭対策を行っていれば、そんなに深刻になる必要はありません。

「清潔を保つ」「こまめに汗を拭く」「ムダ毛の処理をする」「衣類の洗濯やケア」「疲れやストレスをためない」「栄養バランスの良い食事」で、新陳代謝や免疫力を高め、体臭を改善しましょう。

Pocket