ワキガ手術を保険でできる病院は?口コミと共に一挙21医院ご紹介

Pocket

「腋臭(ワキガ)手術を保険適用でできるかどうか?」
これって手術を決める、かなり重要なポイントですよね。
・保険適用でできる手術方法にはどんなものがあるのか
・保険適用と自費だと、かかる費用はどれくらい違うのか
・どのような時に保険適用でワキガ手術ができるのか
・保険適用ができる病院のおすすめ
まで、気になる事ばかりをご紹介したいと思います。

ページコンテンツ目次

保険適用でできるワキガ手術

ワキガ手術には様々ありますが、保険適用できるものとできないものがあります。手術方法を色々挙げながら、保険適用できるかお話しします。

剪除法(せんじょほう)

保険適用可能
剪除法は、直視下摘除法・皮弁法(ひべんほう)とも呼ばれる方法です。
代表的な手術方法は、わきの下の皮膚のシワに沿って2~3㎝切開し、皮膚の裏側を目で見えるように反転させます。
そして、直接皮膚の裏を見ながらニオイの元となってしまうアポクリン汗腺をとり除く手術です。

剪除法の手術料金

保険適用で行う場合、両脇5万円程度(入院して行う場合、入院費などを含めて10万円程になる病院もあります。)
自費治療で行う場合、両脇30~40万円程度です。

剪除法は保険が適用できる治療法ですが、保険治療を一切行っていないクリニックもあるため、注意が必要です。

剪除法のメリット

・保険適用ができるので、手術費用が少なくてすむ
・アポクリン汗腺を直接目で見て汗腺を切除するので、再発の可能性が少ない
・毛根も一緒に切除されるので、脱毛効果もある

剪除法のデメリット

・手術後に、出血や腫れをおさえるために1週間ほど固定圧迫が必要。その間は腕が動かしづらくなる。
・治療後2~3日は安静が必要になる。
・術後の経過次第では、傷跡が残ってしまう事がある。

吸引法

自費診療
わきの下の皮膚を2~3㎜切開してニオイの元となるアポクリン汗腺を吸引しながら取り除く方法です。

吸引法の治療料金

自由診療なので、病院によって30~50万円とかなり値段に幅があります。

吸引法のメリット

・傷跡がほとんど残らない
・剪除法より手術時間が少ない

吸引法のデメリット

・保険が効かないので、手術費用が高額となる
・目で見ずにアポクリン汗腺を取り除くために、取り残しができてしまう

ミラドライ

自費診療
ミラドライはメスを使わず、マイクロ波エネルギーでアポクリン汗腺やエクリン腺を破壊する治療法です。破壊された汗腺の再発はないと言われています。

ミラドライの治療料金

・自由診療なので、病院によって35~50万円とかなり値段に幅がある。

ミラドライのメリット

・皮膚切除や穴を開けたりしないので、傷が残らない
・治療後の安静時間がほぼない
・安静や圧迫期間が無いので、日常生活へ影響が少ない

ミラドライのデメリット

・自費での治療となるため高額になる
・1~2週間ほど腫れることがある

サーミドライ

自費診療
サーミドライは直径1㎜のカニューレを皮膚の下に挿入して、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を70度まで加熱して破壊する治療法です。

サーミドライの治療料金

自由診療なので、病院によって35~50万円とかなり値段に幅があります。

サーミドライのメリット

・傷跡は、1㎜のカニューレを挿入する穴のみなので、傷が残らない
・ダウンタイムがほぼない
・専用の機械で皮膚の温度を測定しながら行うので、やけどの心配がない
・すそワキガも治療することができる

サーミドライのデメリット

・自費治療のため治療費が高額になる
・剪除法より、治療時間が長くなる

レーザー治療

自費診療
レーザーを照射することにより、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を破壊し、においのもとを断つ治療方法。
エクリン汗腺も共に破壊するので、多汗症にも効果があります。

レーザー治療の治療料金

自由診療になるので、1回の治療費が1万5千円~6万程度まで幅があります。

レーザー治療のメリット

・クリームによる麻酔の場合、注射麻酔が苦手な方でも安心して治療できる
・臭いの程度によって回数を変えられるので、軽度のワキガの場合治療回数が少なくて済む
・治療後のキズや腫れがないので、日常生活に支障がなく子供にも治療可能

レーザー治療のデメリット

・特ににおいを気にする場合、6~8回程度の治療が必要なので、時間がかかる
・自費治療のため、回数が多くなると高額になる

以上のように、ワキガ治療には色々な手術方法がありますが、保険適用ができるものは「剪除法」となります。
では、誰でも保険適用で手術できるのでしょうか?

保険適用でワキガ手術できるのはどんな時?

ワキガ手術の「剪除法」は保険適用で治療が可能ですが、健康保険を使って治療できるかどうかには、次の2ポイントで判断できます。

ポイント1:健康保険を使用して行っている病院かどうか

ワキガ治療の中で「剪除法」は保険適用が可能である治療法であると紹介しました。
しかし、病院によってその治療法を保険適用でするのか、自由診療で行うのかは違います。

いわゆる皮膚科や形成外科などは、多くが保険診療を行っていますが、美容を目的とした美容外科やワキガを専門治療するクリニックなどは全て自由診療でワキガ手術を行っている事があります。

自由診療のみでしかワキガ治療をしていないクリニックの場合、高額にはなりますが「傷口をできるだけキレイに仕上げることに力をいれる」「圧迫固定の期間をできるだけ少なくできるような治療方法にする」などをしていることもあります。

まずは、その病院で行っているワキガ治療が保険適用で行っているのかどうかを調べる事が必要です。

ポイント2:ワキガの程度が保険適用できるレベルと医師が診断するのか

ワキガを保険適用で行ってくれる病院だった場合でも、すべての人を保険適用で治療してくれるわけではありません。
ワキガの程度が一定以上で、医師が保険適用できるレベルだと認めた場合のみ、保険で治療できることになります。

問診や、医師が直接ワキのニオイをかいだり、ガーゼを一定時間挟んでそれを後で嗅ぐなど直接ニオイのチェックを行って判断する場合が多いようです。

医師によって見解が違う事もあるので、心配な方は黄ばんだりにおいが付いてしまった衣類を持参しても良いかを、予約時に訪ねてみて下さい。

総合的にワキガが中程度以上だと判断されると保険診療で治療が行われる可能性が高くなります。

ワキガ手術を保険でした場合会社などにバレないか心配

保険を使ってワキガ治療をしたことを知られたくないという方も多いと思います。
保険診療を受けた場合は、医療費の明細に医療機関の名前と金額は記入されます。しかし、会社や事業主が内容を見る事はまずないので、安心してください。

ワキガ手術を保険適用でできるおすすめの病院

全国にある、わきが手術の中でも保険適用ができる病院を口コミと一緒にいくつか挙げてみます。
ここに上がっていない地域でも、総合病院の皮膚科や、形成外科ではワキガ手術を保険適用で行っている事があるので、相談してみて下さい。

マリアクリニック【東京:新宿・町田】【埼玉:大宮】【神奈川県:横浜】【沖縄:那覇】

https://www.maria-cl.net/
東京から沖縄まで全国に5院あるマリアクリニックは、保険適用でワキガ手術ができます。
口コミではミラドライでの施術を行っている方が多いですが、無理に勧められるわけではなく、どちらのメリット・デメリット共に丁寧な説明があるクリニックです。
※保険適用の剪除法を行っているのは、横浜・新宿・町田のクリニックです

マリアクリニックの治療費用目安

保険適用で片脇20,000円程度です。

マリアクリニックの口コミ

「保険手術のメリット・デメリットや、術後の生活の仕方などを詳しく伝えてくれました。
また、術後の通院のたびに毎回不安を解消してもらえて安心でした。
今までずっと気にしていたことが、今は気にならなくなったので精神的に楽になりました。やってよかったです。」
出典:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101439/report_list)

旭川美容外科・形成外科クリニック【北海道:旭川】

北海道の旭川にある旭川美容外科・形成外科クリニックでは、日帰り手術で保険適用の剪除法を行っています。
旭川美容外科・形成外科クリニックでは、片側づつの手術は局所麻酔ですが、両脇同時に行う場合は、フェイスマスクやラリンジアルマスクといったマスク麻酔で行うので、注射での麻酔が苦手な方や、局所麻酔で音が怖いといった方にもおすすめのクリニックです。

旭川美容外科・形成外科クリニックの治療費用目安

術前検査代や手術代金などを含めて、5~7万円前後です。

旭川美容外科・形成外科クリニックの口コミ

「イラストや本を使っての施術前の説明が分かり易かったです。
また、痛みはほとんどなく、術後にまた注意事項の説明と紙を渡してもらえました。傷にしっかりと対応してくださって、長年の悩みがやっと解消されたので良かったです。」
出典:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100006)

エースクリニック【愛知県:名古屋】

愛知県の名古屋にあるエースクリニックは、反転剪除法を保険治療で行っているクリニックです。
エースクリニックは、保険治療を希望して話を聞きに来た人に自費診療を勧める事は一切ありません。(反転剪除法のリスクが大きいと医師が判断した場合は、その説明があります。)
保険治療のつもりが、いつの間にか自費治療を断り切れずに高額の治療になってしまったという事がないので、安心してワキガの相談をすることができます。

エースクリニックの治療費用目安

反転剪除法の治療費用は片脇21,000円程度です。
これ以外に、初診料・再診料・血液検査料などが数千円かかります。

エースクリニックの口コミ

「健康保険でできる手術なので、費用が安くすみましたまた、入院せずに手術ができたのもよかったです。
肝心の効果もよかったので、満足しています。」
出典:QLife(キューライフ)(https://www.qlife.jp/hospital_detail_1013263)

浜口クリニック梅田・天王寺【大阪:梅田・天王寺】

関西にある保険適用でワキガ治療ができるクリニック。大阪の梅田と天王寺にある浜口クリニックは、皮弁法(剪除法)で手術ができるクリニックです。
梅田院のみの腋臭症の手術実績も、2002年から100件を下回っている事が一度もなく、多い年で200件以上の実績があります。
また、手術中に写真を撮って、アポクリン汗腺をしっかりと取り除いたことを術後に確認できるのも安心ポイントです。

浜口クリニック梅田・天王寺の治療費用目安

手術費用は両脇43,000円程度(3割負担の方)です。
それ以外には、術前の血液検査費用、術後の通院費用が数千円必要になります。
(腋臭手術で起こった合併症などのトラブルは健康保険の範囲内です。)

浜口クリニック梅田・天王寺の口コミ

「先生、看護師の方共に温かい雰囲気の方ばかりでした。施設は狭く感じましたが、清潔な印象があります。
常に聞きたいことを、聞く前にきちんと説明してもらえたり、術後に緊急連絡先を教えていただけたので、不安も感じませんでした。
安心して手術が受けられただけでなく、毎日気にしていたにおいが信じられないほど無くなったので大満足です。」

出典:MEDIRE(https://cure.epark.jp/clinic/161196/kuchikomi/)

さくらビューティークリニック【福岡県:小倉】

http://www.sakura-beauty.com/
北九州市し小倉にある「さくらビューティークリニック」は、保険医療指定機関として、保険適用のワキガ治療ができます。
美容外科ならではの繊細な技術で手術を行えるのが強み。口コミにもありますが、相談したその日にすぐ手術ができる事もあるようです。

さくらビューティークリニックの治療費用目安

自己負担の目安は両脇42,000円程度(3割負担の方)です。

さくらビューティークリニックの口コミ

「電話でカウンセリングの予約したときに『カウンセリングの日に手術を希望しますか?』と聞かれて、実際に診察を受けた日に手術をしました。
心配していた傷跡や内出血などもひどくなく、1年たったら後は近くで見られても気づかれないくらいになりました。
先生からの説明で、術後の圧迫・固定に気を付けていたのがよかったかもしれません。」
「たまーに、ワキガのニオイがしてしまう事もありますが、ほぼ毎日無臭です。安いのでおすすめです。」
出典:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101207/review_detail/R_1111858)

その他各地の保険適用でワキガ手術ができるクリニック

上に挙げた以外でも、保険適用でワキガ手術ができる病院やクリニックは沢山あります。HPに保険適用でワキガ手術ができると記載してあるクリニックを知地域別にご紹介するので、参考にしてください。

<東北>

仙台桂仁会クリニック【宮城県:仙台】……反転剪除法

https://keijinkai.jp/
※保険適応の場合、自己負担約50,000円)

ときめき形成外科【山形県】……掻爬吸引法

http://www.tokimekikeisei.com/
※保険適応の場合、40,000円位の自己負担あり

<関東>

つかはら皮膚科・形成外科クリニック【栃木県:宇都宮】……剪除法

http://www.tsukahara-c.com/

二ノ宮クリニック【群馬:前橋】……汗腺剪除手術

トップページ

<中部>

しのはら形成・皮ふクリニック【長野県:佐久市】……所麻酔を行い、両わきの「アポクリン腺」を切除する方法

http://www.shinocli.com/

卯月医院【岐阜県:岐阜市】……皮弁法の反転剪除術

http://www.aprilclinic.jp/

<近畿>

ヴェリイ美容形成クリニック【京都府:下京区】……反転法

https://www.very.ne.jp/
※症状によって保険適用

医療法人宮崎クリニック【和歌山県:友田町】

http://www.nnc.or.jp/~miyazaki/index.html

伊勢外宮前クリニック【三重県:伊勢市】

http://gekumae.com/index.html

<中国>

宮本形成外科【広島県:段原南】……剪除法

http://www.keiseigeka.co.jp/index.html

かじクリニック【島根県:松江】

http://www.myclinic.ne.jp/kaji_clinic/pc/index.html

<四国>

しらさぎ形成クリニック【徳島県:徳島】……皮弁法

https://shirasagi-clinic.com/

<九州>

ユニタ整形外科・形成外科クリニック【福岡県:南区】

https://www.unita.co.jp/index.html

ハナキクリニック【長崎県:銅座町】

トップページ

白山クリニック【大分県:府内町】

http://www.e-hakusan.jp/

吉井クリニック【鹿児島県:中央町】

http://www1.bbiq.jp/yoshii-clinic/index.html

<沖縄>

形成外科KC【沖縄県:那覇市】……皮弁法

https://www.kokoro-manzoku.com/

まとめ

わきが手術を保険適用でできる手術法や、保険適用で行うポイント、おすすめの病院までご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?
ワキのニオイがどうしても気になるけど、高額すぎて手術をあきらめている方もいたと思います。
保険診療でも、しっかりと診察・手術をしてくれる病院やクリニックを見つけて、一つ悩みから解放されて下さい!

Pocket