ワキガは自覚できない?セルフチェックで確認してみよう!

Pocket

ワキガは自覚している人が少ないといわれており、またそれとは反対にワキガの自覚はないけれど、もしかして自分もワキガでは?と心配になっている人もいますよね。ワキガは自分でチェックをすれば簡単に分かりますので、今回はセルフチェックの方法とワキガの原因や対策について解説いたします。

1.ワキガの自覚できないって本当?

自分のニオイには、意外と気付けないというのをご存知ですか。

実は、人のニオイには敏感に感じることができますが、自分のニオイを自覚できる人はあまりいません。

それは、なぜかといいますと「ニオイには慣れてしまう」からです。

時々、香水のニオイがきつい人がいますが、その人も大体はニオイに慣れてしまった結果、「香水のニオイが足りない」と脳が判断し、香水を使い過ぎてしまっているのです。

自分のニオイ、体臭は常に自分の周りにありますから、周囲の人からしてみれば悪臭でも、自覚がないため気付けないということになります。

もう一つは、家族がみんなワキガのため、「そういうもんだ」という環境で育ってきている場合も自覚があまりないといえるでしょう。

2.ところでワキガの原因とは?

ワキガの人は、かいた汗自体が臭いと思っている方も多いかもしれませんが、汗が分泌された直後であれば、
ワキガの人の汗も実は無臭です。

では、どうしてニオイがするのかということですが、皮脂と汗に含まれている成分を皮膚に付着している常在菌が分解するからです。

つまり、汗をかいた後すぐに拭き取り清潔にすることで常在菌のエサが無くなるため、常在菌は増殖することができず、ニオイを発することもなくなります。

汗を分泌する汗腺はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あります。

そのうちのエクリン汗腺はほぼ全身に分布し、気温や体温、精神的な緊張などに影響を受け発汗し、アポクリン汗腺は、脇の下、耳の中、乳輪、外陰部、鼻などの毛穴に分布しています。

そして、エクリン汗腺から分泌される汗の成分は、ほとんどが水分で常在菌のエサとなるような栄養分はあまり含まれていませんが、アポクリン汗腺から分泌される汗には、たんぱく質や脂質、糖質やアンモニアなど常在菌のエサとなる栄養分が豊富に含まれているのです。

アポクリン汗腺の数が多いとそれだけ栄養分が含まれている汗をかきますので、常在菌が増えやすく悪臭を放つ可能性があります。

また、アポクリン汗腺の発達には、遺伝的要素が大きい他、性ホルモン、体毛(腋毛や陰毛等)の量等が関与しています。

3. セルフチェックの方法は簡単!

病院に行く勇気はないけど、ワキガかどうか知りたい方は簡単にチェックすることができますので、以下の項目を確認してみましょう。

3-1.耳垢チェック

ワキガの人は耳の中にもアポクリン汗腺がありますので、汗により湿ってベタベタの飴色の耳垢となります。

ワキガでない人は、耳の中に汗をかきませんので、耳垢はカサカサで乾燥しています。

耳垢が猫耳といわれる、ベタベタなものでも、全員がワキガとは限りませんが、カサカサの乾燥した耳垢の人にワキガの人はいないのです。

耳垢がベタベタでもワキガでない人のことは、「ワキガ体質」と表現し、耳垢がベタベタだからといって、落胆する必要はありませんが、ワキガの人の多くは耳垢がベタベタです。

3-2.遺伝的要素の確認

両親もしくはどちらかがワキガの場合、優性遺伝のため自分もワキガの可能性が高くなります。

ワキガは優性遺伝のため、本来ですと人口が増えれば増える程、ワキガ体質の人が多くなるはずなのですが、今のところ日本人は10%程度しかいないといわれています。

※優性遺伝とは、形質が現れやすい遺伝子のことで、優れている遺伝子という意味ではなく、表現化されやすい遺伝子ということです。

3-3.黄色の汗ジミや脇の下の白い粉の確認

脇の下に黄色い汗ジミや、汗を放置した後に腋毛に白い粉が付いていたら、ワキガの可能性があります。

アポクリン汗腺からは、リポフスチンという黄茶色の色素も分泌されていますので、耳垢が飴色でベタベタなのは、汗に含まれている水分と色素の影響だといわれています。

つまり、アポクリン汗腺から分泌されている汗には色素が含まれていますので、脇の下が黄ばんでしまうのです。

また、腋毛に白い粉が付くのは、アポクリン汗腺から分泌された汗の成分が乾燥し結晶化したものです。

3-4.体毛の確認

アポクリン汗腺は毛穴に開口していますので、体毛が多い人は常在菌の住み家が多いため、ニオイを発生させる環境が整っているといえます。

体毛が多いのか、少ないのかによってもニオイに差が出てくるということです。

ワキガの女性の体毛は、どちらかというと剛毛に近く、男性の場合は猫毛の人が多いという情報もありますので、自分の体毛の状態を確認すると良いでしょう。

体毛の有る無しによってニオイに差が出るため、女性は腋毛の処理をすると、ニオイを軽減させることが可能となります。

3-5.着用していた洋服のニオイチェック

1日着用した洋服を脱いでビニール袋に入れて密封しておきます。

その後に、シャワーやお風呂に入り汗をしっかり流し、ニオイをリセットします。

自分のニオイには、鼻が慣れてしまっているため、シャワーでキレイにした後に、先ほど入れたビニール袋から洋服を取り出して、ニオイを確認します。

ツーンと鼻につくニオイを感じたら、ワキガの可能性があります。

3-6.直接ニオイを確認

ガーゼやティッシュを脇に挟んでテープで止めておき、2時間程度経過した後にその挟んであったガーゼやティッシュのニオイを直接確認してみましょう。

鼻がニオイに慣れている場合は、あまり感じることはできないかもしれませんが、サランラップを適当な長さに切り、直接脇の下に擦りつけてからニオイを嗅ぐ方法もあります。

病院などに行っている検査方法の一つで、この方法であれば、直接自分のワキのニオイを確認することができます。

4. ワキガを予防することはできる?

もし、ワキガの可能性があった場合には、病院に行く前に以下のことをトライしてみましょう。

軽度の場合には、病院での治療を行わなくても大丈夫な方が多いです。

4-1.制汗剤の利用

ワキガの人は、アポクリン汗腺の数が多く、汗をかくと常在菌がその汗をエサとして増殖するのですから、まずは汗を抑えることが一つの方法となります。

汗は体温調節のために必要な機能なので、全ての汗を抑えることはおすすめできません。

アポクリン汗腺が分布している場所はある程度分かっていますので、その部分にのみ制汗剤を使用するのが良いでしょう。

とくに汗腺が開口している部分に、蓋をする塩化マルミニウムが良いです。

ただし、常時たくさん使用していると
効果が半減してきますので、説明書を良く読んでから使いましょう。

4-2.保清

汗は、分泌された直後は無臭ですから、発汗した後すぐに拭き取るなど、皮膚を清潔にしておけば、悪臭になることはありません。

また、皮膚の常在菌による繁殖がニオイの原因なので、常在菌を殺菌すると悪臭は減少します。

しかし、消毒すれば皮膚の常在菌はすぐに死滅しますが、常在菌は悪さをするものではなく、実はさまざまな刺激から皮膚を守るために存在していますので、消毒剤などを常に使用するということはおすすめできません。

ですから、汗をかいたら拭き取り、1日に1回はシャワーで洗い流すなどで清潔を保つのが良いでしょう。

4-3.生活習慣

タバコや飲酒は汗腺を活発にさせ、体臭をきつくさせる原因となります。

特にタバコは、自律神経やホルモンバランスを乱したり、腸内環境や血行不良を起こすため、体臭だけではなく生活習慣を見直す意味でも、禁煙が必要でしょう。

タバコや飲酒以外にも暴飲暴食や睡眠不足、不規則な生活、ストレスや肥満などは生活習慣病を発症するリスクが高いので、病気を発症しないためにも生活習慣を見直しましょう。

ちなみに生活習慣病である糖尿病は体臭を悪化させてしまう病気の一つです。

4-4.食習慣

肉や油分の多い、動物性脂肪やタンパク質を多く摂取していると、アポクリン汗腺が刺激され、汗の分泌が多くなりますので、食事は栄養バランスを良く考えましょう。

ファーストフードやスナック菓子などは脂質が多く、摂り過ぎは皮脂の分泌を促しますので、体臭にも影響を与えてしまいます。

4-5.運動

汗が原因でニオイが発生してきますので、ワキガを気にしている人は運動することを嫌がります。

でも、普段から汗をかくことを習慣にしていない人はエクリン汗腺が衰えてきていますので、何かの拍子に発汗した時アポクリン汗腺から粘りの強い汗が分泌されてしまいます。

本来であれば、エクリン汗腺からの発汗で、ニオイもしないはずなのに、習慣化されていないことが原因でニオイの元となってしまう汗をかいてしまうのです。

決して激しい運動は必要ありませんので、新陳代謝がすこし高まるような有酸素運動を適度に行うことをおすすめします。

5. ワキガじゃないかもしれないけど、すごく汗をかくのは病気?

ワキガのセルフチェックには該当しないけど、汗やニオイがとても気になる方は、以下の病気があるかもしれません。

5-1.緊張によるもの

普段は汗かきな方でなくても、緊張した時や焦った時、過度にストレスがかかった場合にかく汗はアポクリン汗腺とエクリン汗腺の両方から分泌されます。

これらの汗は、脇だけではなく、手のひらや足の裏などに短時間でも異常なくらいに汗をかきます。

俗にいう「脂汗」を表現される汗で、少々べたつく汗です。

元々、緊張しやすい方は、緊張をほぐす薬などを処方してもらうという方法もありますので、一度担当医に相談してみてはいかがでしょうか。

5-2.多汗症

多汗症は、基本エクリン汗腺から分泌される汗が多いので、ワキガの人がかく汗の種類とは別なので、ニオイはしませんが、「ワキガかもしれない」とストレスを感じたりするとアポクリン汗腺からも汗が出てしまいます。

多汗症の場合には、ニオイよりも汗が多量に出ることで社会生活や日常生活に支障をきたして来る方が多いので、人よりも汗が多いと感じる方は一度専門医に相談してみると良いでしょう。

5-3. 自臭症

実際にはワキガなどの体臭がないのに、自分は「臭い」と思い込んでいる病気のことを自臭症といい、ワキガの治療よりも困難な場合があります。

ワキガの人が自分のニオイのことで悩んでいても、自臭症とはいわず、ニオイがないのに妄想や思い込みにより対人恐怖症になっている場合に自臭症といいます。

ちょっとした他人のしぐさや行動から「自分が臭かったから避けられたのではないか」と思い込むため、自臭症の治療は精神科領域の治療となります。

自臭症からうつ病の発症につながったりするケースや、対人恐怖症から社会生活に支障をきたす場合もあるため、放置してはいけない病気です。

6. まとめ

セルフチェックにより、ワキガかもしれないと思われた方は、まずは自分で今できることをトライしてみて下さい。

例えば、「食事内容を見直す」「体を清潔に保つ」「制汗剤を使用する」など、できることをしてみても、やはり改善していない場合には、皮膚科などの専門医に一度受診してみましょう。

一人で悩んでいるよりも、たくさんの患者さんを診ている専門家に相談した方が、早く解決できますので、勇気を持って受診しましょう。

Pocket