ワキガの皮下組織吸引法って保険適用できる?術後臭・手術方法から病院紹介まで

Pocket

ワキガを治したいと思った時に、候補のひとつにあがる皮下組織吸引法。
これって、保険適用できるのか気になる人もおおのではないでしょうか?
今回は、皮下組織吸引法の手術方法や、保険適用できるかどうか、そして皮下組織吸引法でワキガ施術ができる表院までをご紹介します。

ページコンテンツ目次

皮下組織吸引法の基本情報

読み方……ひかそしききゅういんほう

皮下組織吸引法は、脂肪吸引の時に使うような器具を皮膚の下に挿入し、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引して除去する治療法です。
ワキガ治療で保険適用できる施術は剪除法としている病院が多いので、皮下組織吸引法が保険適用でできる病院はあまりありません。

治療費用は、自費の場合が多いのでかなり病院によって差があり、両側で10万円~30万円となります。

傷跡や固定期間も少なくてすみますが、目で見てアポクリン汗腺を除去する剪除法よりも、汗腺の取り残しがある場合があります。

汗腺の取り残しによる再発を少なくするために、超音波法を併用したり、独自の吸引器具で超音波法を行う病院も多くなっています。

一般的な皮下組織吸引法の治療手順

皮下組織吸引法は多くは以下のような手順で行われます。

1、 施術部位(広め)に消毒をする
2、 治療を行う範囲をマーキングする
3、 局所麻酔をマーキング部位に注射する
4、 脇を3㎜~1cm切開し、汗腺の吸引器具を挿入する
5、 皮膚の下のエクリン腺、アポクリン汗腺を吸引する
6、 切開部が早く治るように、脇をガーゼやスポンジで固定する

と言った方法です。上記の中で、
・マーキングの広さ
・麻酔の方法
・吸引機器の種類
・術後の固定をするのかや、その方法

など、治療内容は病院によって様々な特徴があります。

一般的な皮下組織吸引法の手術後の経過

手術を終えた後の、術後は以下のような経過になります。

手術1~3日……固定をした場合、固定を外す
手術1週間まで……術後の状態によって1~2回通院がある場合あり
手術1週間後……抜糸

術後も、どのような固定をしたかや、施術部の状態によって通院回数は違います。

シャワーは固定が外れたらできる事が多いのですが、湯船につかる事ができる時期は、脇の状態によって変わってくるので、施術した病院で確認してください。

術後のリハビリ

皮下組織吸引法でワキガ手術を行った場合、皮膚を剥離する剪除法などと違い、固定も少なくてリハビリが必要なことはあまりありません。

ただ、傷は小さくても、吸引具を挿入するための傷はあるので、膿んでしまったりひきつれを起こる事があります。
傷が落ち着いたら抜糸後に、脇の上げ下ろしなどのリハビリが必要な場合もあります。

皮下組織吸引法治療のメリット

皮下組織吸引法でワキガ治療を行った場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

傷跡が目立ちにくい

剪除法でワキガ治療を行った場合、3~4センチの傷が1~2本ワキに付くことになります。
皮下組織吸引法だと、多くは1cmより小さい傷で済むため、傷跡も目立ちにくくなっています。

治療時間が剪除法などに比べて短い

皮下組織吸引法は、皮膚の切開部分も小さく、術後の固定なども少ないので、30~40分で終了するのが一般的です。
1時間以上かかる事が多い剪除法などに比べて、手術時間は短くなります。

術後の回復や固定期間が短い

切開部が器具を挿入できるだけの大きさとなり、小さいので傷口の回復が早いです。

また、皮膚を剥離する施術法と違い、

・固定が簡単に済む
・固定の期間が短い、ガーゼなどでの固定がない

等のメリットもあるので、日常生活に戻るのが早い施術法と言えます。

皮下組織吸引法治療のデメリット

いくつかメリットをご紹介しましたが、皮下組織吸引法にはメリットばかりではありません。
ここでは、皮下組織吸引法のデメリットをご紹介します。

汗腺を取り切れない事がある

アポクリン汗腺は、皮下組織にしっかりとくっついている汗腺なので、しっかりとアポクリン汗腺を取り除くには高い技術が必要です。
ドクターの腕で、かなり効果が左右され、十分に臭いが減っていないと感じる事があります。

毛の量は減らない

皮下組織吸引法は、汗腺を除去するワキガ治療法なので、毛根には作用しません。
そのため、ワキガ治療と一緒に脱毛効果を考えている方には向いていない方法です。

重度のワキガでは効果を感じづらい

皮下組織吸引法は、汗腺を全て取り除くのが難しいことで、軽度~中度のワキガに効果を感じやすい治療法です。
重度のワキガの方は、目で見て汗腺を除去する剪除法などの施術方法を選ぶようにしてください。

皮下組織吸引法での手術後に再発することはある?

皮下組織吸引法で吸引した汗腺が、その後復活してくるといったことはありません。
でも、吸引法での手術は再発したと感じる方が剪除法などに比べて多いです。
なぜ再発したと感じる方がいるのか、その原因をいくつか挙げてみます。

アポクリン汗腺が取り切れていなかった

皮下組織吸引法は、目で見て汗腺を除去する治療法ではありません。
デメリットでも挙げましたが、ドクターによりかなり効果が左右されるので、アポクリン汗腺が取りれない事があります。

アポクリン汗腺が取り切れていなくても、汗腺付近の組織を吸引したことで神経伝達が途絶えて、一時的に臭いが少なくなることがあります。

しかし、1~2ヶ月経つと神経伝達が戻り再度臭いがしてしまうので、再発したと感じる方もいます。

ワキガ臭以外の体臭が気になるようになった

超音波法などを併用し、しっかりとアポクリン汗腺を取り除けた場合、脇からのワキガ臭はかなり減ってくれます。
しかし、脇以外の足の臭いや、汗をかいた時の汗臭さが気になってくる人もいます。

手術直後からなぜか臭う、でも、なんだか今までとは違う臭いがする気がする。
といった方は、再発ではなく、ワキガ臭以外の臭いを感じている場合もあります。

皮下組織吸引法がおすすめの病院は?

皮下組織吸引法が気になって病院を探しても、剪除法やミラドライ等が多く、見つけづらいかもしれません。

中には保険適用できる病院もあるので、保険適用ができるかなども合わせてご紹介します。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【長野・茨城】:石倉クリニック

( https://www.i-clinic.co.jp/sp/service/wakiga.php#wakiga03)

石倉クリニックでは、比較的症状の軽いワキガの方に、「石倉流吸引法」でのワキガ施術を行っています。
治療後の回復が早く、傷跡が7~8㎜と目立ちにくいのが特徴です。

皮下組織吸引法の施術費用

石倉流吸引法での施術費用は、150,000円(税抜)となります。

石倉クリニックの口コミ

「長期間、ワキガで悩んでいましたが、傷跡が少ないという評判だったので石倉流吸引法でワキガ治療をしました。
すぐに日常生活に戻れたし、汗をかいても臭いが減ったような感じで、なんとなく効果があるような気がします。」

出典:美容クリニック口コミNAVI
(https://www.mcloz.net/kuchikomi/i-clinic.html)

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【全国】:共立美容外科

(https://www.kyoritsu-biyo.com/shinryou/wakiga/operation.php#05)

共立美容外科では、超音波+ローラクランプ法で施術を行っています。
一般的な吸引法で使用される吸引棒に、特殊なローラーが付いている「ローラークランプ」で汗腺を吸引します。

このローラーでしっかりと皮膚を抑えながら汗腺を吸引するので、広範囲にエクリン汗腺やアポクリン汗腺を取り除くことができます。

また、元々吸引棒も2~4㎜程度なのですが、傷が残らないように「KBシース」といった傷跡を保護する器具も使用します。

KBシースが吸引棒が往復する際の摩擦を防いでくれるので、傷跡を軽減させることができます。

皮下組織吸引法の施術費用

施術費用は、両脇約30万円です。
(性別・範囲での料金変動はありません)

共立美容外科の口コミ

「脇をグイグイされる間隔と音は怖かったのですが、注射や施術共に痛みは全くありませんでした。
1ヶ月たって、生活への支障はなく、ワキガへの効果は大満足なので、もっと早くやればよかったと思っています。」

出典:美容医療の口コミ広場
(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100315/activity_detail/121938)

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【栃木県宇都宮市】:宇都宮竹内クリニック

(http://www.takeuchiclinic.com/body/body-odor/)

竹内クリニックでは、ワキガの程度が軽度~中度の場合に、超音波と吸引法を合わせた超音波吸引法でのわきが治療を行っています。

竹内クリニックは、100%永久保証制度があるクリニックなので、安心して施術を受ける事ができます。

皮下組織吸引法の施術費用

超音波吸引法での施術費用は約17万~25万円になります。

竹内クリニックの口コミ

「ほかの病院で手術を受けたのですが、まだ臭いが気になるので、永久保証制度がある竹内クリニックでワキガ治療を受けました。
他院で手術を受けていても施術がしてもらえ、臭いもすっかり気にならなくなりました。
長年の悩みが嘘のように消えたので、自分に自信がもてるようになりました!」

出典:竹内クリニック公式サイト(http://www.takeuchiclinic.com/body/body-odor/body-odor-experiences/)

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【大阪府大阪市】:リッツ美容外科 大阪院

(https://www.osaka-ritz.com/other/wakiga.html)

リッツ美容外科では、「マイクロリゼクション法」として軽度のワキガの方に、吸引法によるワキガ治療を行っています。

切開による傷は1cm、特殊なワキガ治療用の吸入器を挿入して行います。
両脇の施術時間は約90分、3~4日間の圧迫固定もあります。

皮下組織吸引法の施術費用

マイクロリゼクション法による施術費用は、315,000円(税抜)です。

リッツ美容外科の口コミ

「夏に周りの目を気にせずに半袖やノースリーブを着たいと思い、施術を受けました。
軽度のワキガだったので、皮膚にあまり負担を掛けない施術にしたのですが、ほぼニオイは無くなりました。
ワキガ治療と同時に脱毛効果もあったので、得した気分です。」

出典:ワキガ手術Navi
(http://wakigasyujyutsu-navi.net/reviews/reviewcliniclist?cliniccd=81)

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【北海道札幌市】:天祐会皮膚科形成外科グループ

(http://www.tenyu-kai.jp/cosmetic/bodyodor.html)

札幌市に3院を構える天祐会では「ローラークランプ法」名で、吸引法によるワキガ治療を行っています。
ワキ毛部分の上下2か所の皮膚を5~7㎜切開し、そこに吸引器具を入れてアポクリン汗腺をの基底部を吸引します。

皮下組織吸引法の施術費用

ローラクランプ法での施術費用は、270,000円(税込)です。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【兵庫県芦屋市】:芦屋JSクリニック

(http://www.js-clinic.com/esthe/wakiga/index.html)
保険適用可

芦屋JSクリニックでは、吸引法に超音波で汗腺にダメージを与えてから吸引する「超音波吸引法」で施術を行っています。
アポクリン汗腺とエクリン汗腺に作用しますが、皮膚へのダメージが少なく、傷が小さくて済むのが特徴です。

術前、術後を合わせて10回弱の通院となり、術後には、傷をキレイにするためのマッサージの指導もあります。

皮下組織吸引法の施術費用

保険適用ができるので、両脇を手術(三割負担)で、諸費用込み5万円です。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【東京都渋谷区】: アイリス美容外科

(http://www.iris-beauty.com/mens/wakiga/)

アイリス美容外科は、剪除吸引法という名前で吸引法によるワキガ治療を行っています。

傷口は小さいのですが、直接見ての施術ではなく、アポクリン汗腺を取り残すこともあるため、軽度の方に施術されます。

皮下組織吸引法の施術費用

剪除吸引法は、保険適用ができないので、施術費用は両側で200,000円(税抜)になります。
(片側は120,000円)

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【岐阜県岐阜市】: いちだクリニック

(http://ichida-clinic.com/006.html)

いちだクリニックでは「掻把吸引法」名で吸引法によるワキガ施術を行っています。
皮膚切開の穴は1cm弱になり、脂肪吸引用の吸引機でアポクリン汗腺を吸い出してワキガ治療をします。

70~80%のアポクリン汗腺・エクリン汗腺を取り除けますが、20~30%は残るので、臭いが重度の方には効果を感じづらい事もあります。

皮下組織吸引法の施術費用

吸引法での施術費用は、両脇で260,000円(税抜)です。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【大阪府大阪市】: 藤井クリニック

(https://www.fujiiclinic-umeda.com/beauty/treatment/body04.html)

大阪駅前にある藤井クリニックでは、軽度~中度の方に、吸引法でのワキガ施術を行っています。
傷口は、脇の目立たないところに数cmになります。

抜糸がいらないため通院の必要が無く、3日ほど患部にガーゼを当てる事は必要ですが、シャワーも当日からOKです。

皮下組織吸引法の施術費用

吸引法での施術費用は両脇で、180,000円(税抜)になります。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【宮城県仙台市】:仙台中央クリニック

(https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_odor.php#suction)

仙台中央クリニックでは、手術後の傷の回復の早さや、固定がいらない事から吸引法でのワキガ施術も行っています。
しかし、効果が一時的であることから、あまり推奨はしておらず、特別な場合のみの手術になります。

皮下組織吸引法の施術費用

吸引法での施術費用は両脇94,000円になります。
※仙台中央クリニックに直接電話や、メールをして予約・施術した方に適用される料金です。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【愛知・東京・大阪】: 水の森美容外科 

(https://mizunomori-nagoya.com/medical/underarm-kyuin/)

水の森美容外科では、30分の施術でワキガ治療ができる吸引法を行っています。
皮膚に開ける穴は5㎜程度と小さく、ダウンタイムもありませんが、臭いの軽減は30%ほどになります。

皮下組織吸引法の施術費用

吸引法での正規の施術費用は250,000円(税抜)です。
ただし、身分証の提示で会員価格99,000円(税抜)で施術できます。

皮下組織吸引法でワキガ手術できる病院【大阪府大阪市】:雅美容外科

(http://www.osaka-miyabi.com/underarm/complete.php)

皮膚の切開は5㎜ほどで、アポクリン汗腺を吸引し、臭いは50%程度の減少効果になります。
圧迫は2日間で、スポンジを当てて包帯で圧迫します。

皮下組織吸引法の施術費用

吸引法での施術費用は、95,000円(税抜)になります。

まとめ

皮下組織吸引法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
皮下組織吸引法は、傷口も小さく、術後の固定も軽く済むのですが、重度のワキガの方には向いていません。

まずはカウンセリングや診察を受け、自分がどのくらいのワキガなのかを知る事が大切です。
軽度~中度のワキガだった場合、皮下組織吸引法をワキガ施術候補の一つに入れてみて下さい。

Pocket