おならの臭いは病気や体調により変化する!一体何種類あるの?

Pocket

腸で発生し肛門から排出される、あまり人前では出したくない【おなら】。このおならの臭いにも種類があり、人間の体調に大きく影響しているのはご存知ですか?

今回は、おならの臭いの種類や、臭いにより考えられる体調不良や病気についてお話していきますね。

■おならの臭いは大きく分けると2種類

基本的におならは臭いの無いタイプと悪臭のするタイプの2種類に分けられますが、なぜ2種類に分かれるのかにもちゃんと理由があるのです。

臭いのない発酵型のおなら

発酵型のおならは食物中のセルロース・脂肪・炭水化物が発酵分解される時に出るガスで、主成分は二酸化炭素・水素・メタンなどです。

善玉菌が腸内で正常に動いている事で作られるガスなので、ほとんど臭いもありません。

イモ類や豆類など、食物繊維が豊富な食品や野菜を食べると出やすいです。

強い臭い・悪臭のある腐敗型のおなら

腐敗型はいわゆる【臭いおなら】です。消化しきれなかった動物性タンパク質を、腸内の悪玉菌が腐敗させる事で発生します。
また便秘の時など、腸に長く留まることで便が発酵してしまうのも、臭いおならに繋がります。

主成分となっているのはインドール・スカトール・アンモニア・硫化水素など。悪玉菌が増えやすい肉食中心の食生活であったり、にんにくや玉ねぎなどを食べた後や、胃腸の調子が悪い時などにも出やすいです。

この腐敗型のおならの中には人体に悪影響を及ぼす成分が含まれていて、腸内に溜め込みすぎると大腸ガンに繋がる可能性も。

■おならが臭い原因・悪玉菌について

腐敗型の臭いおならを作り出している原因となるのは、腸内に存在している【悪玉菌】です。

腸内には【善玉菌】と【悪玉菌】が同居しながらも、互いに優位に立つ為の戦いを繰り広げています。

まずは、この2つの菌の特徴から見ていきましょう。

腸内に存在する【善玉菌】の特徴

善玉菌は糖分や食物繊維を発酵させることによりパワーを得ている菌で、乳酸・酪酸・酢酸を作るという役割も持っています。

この乳酸・酪酸・酢酸というのが腸内を酸性に保ち、悪玉菌の繁殖や腐敗進行を抑えます。また腸内を酸性に保つという事は、病原菌感染や細菌による下痢も防いでくれます。

さらに善玉菌はホルモン分泌やビタミン生産の元になるほか、コレステロールを減らしてくれる働きも。

体を健康に保つために欠かせない善玉菌の量が減ってしまうと言うのは、即ち腸の活動の悪化に繋がるのです。

腸内に存在する【悪玉菌】の特徴

お次は臭いおならの元となる悪玉菌についてです。この悪玉菌は善玉菌とはまったく違う働きをするようになっていて、まず腸内をアルカリ性にする事で免疫力を低下させます。

タンパク質をエサに腐敗を起こすことで、アンモニア・インドール・スカトール・アミン・硫化水素といった、様々な有害物質を作ります。発ガン物質と言われるフェノールを作り出すのも悪玉菌です。

さらに厄介なことに悪玉菌が作り出す有害物質は、長い時間をかけて腸壁の細胞をジワジワと傷つけていきます。その有害物質は基本的には便という形で排出されるものの、一部は腸内に吸収されてしまい、肝臓で解毒する流れになります。

それにより今度は肝臓がダメージを受け、解毒機能が落ちてしまいます。解毒されなかった有害物質は臭いおならの元になる他、様々な生活習慣病を引き起こしてしまうのです。

悪玉菌の活躍が、臭いおならの原因に!

上記で説明した様に、悪玉菌は人体にとってあまり良い影響を与えてはくれません。

おならが臭い原因というのも、この悪玉菌がなんらかの理由により腸内で優勢になっているからというのが大きいです。

悪玉菌が優勢になる事で相対的に善玉菌が劣勢になる為、腸内環境のリカバリーが正常に行えなくなってしまいます。

その上で悪玉菌がどんどん有害物質を作り出していくので、結果として臭いおならが出やすくなってしまうのです。

おならを我慢するのも良くない!

生きていればおならを我慢するシーンなんて次から次へと出てきます。しかし、「おならを我慢するのは体に毒」とも言われていますよね。

本来なら体の外に出さなきゃいけないはずの悪い成分を、外に出さずに血液に溶かしてしまう結果になるので、当然ながら体にはあまり良くありません。

また、おならを我慢する事により腸内の機能が低下して便秘になりやすい為、悪玉菌が増えて有害ガスを多く発生させてしまい、余計に臭いおならが出るという悪循環に繋がります。

おならを我慢しすぎるのもほどほどに。トイレに行くなどして、どうにか対処できるのがベストです。

■おならの臭いを改善したい時はどうすれば良いの?

おならの臭いを改善したいなら、腸内の善玉菌を優勢に持っていく事です。

その基本となるのが健康に基づいた生活習慣と栄養バランスの整った食事です。ストレスを溜めすぎないよう気をつけるのも大切。

食事面では、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を作り出してくれる成分を積極的に取ること。乳酸菌サプリなどを利用しても良いですね。

特に乳酸菌を多く摂る事は便通を良くすることにも繋がる為、臭いおならの原因の一つである【便秘症】予防としても欠かせません。

■おならの臭いの種類と、体調や病気との関係

特に腸内環境も悪くなく、臭いおならの原因となる食品を食べている訳でもないのに、臭いおならが続く人は要注意。身体の中に悪いガスが溜まってしまっている証拠です。

あまり溜め込みすぎると、ガスは血液中に溶けて体内を巡り、体調悪化や病気などのトラブルに発展する事も。

おならの臭いが関わる症状1:大腸ガン

大腸にできたガンが壊死すると腐敗して悪臭を放ったり、大腸からの出血が腸内に充満したりして臭いおならの原因になります。

腐敗臭と血生臭さが混ざったような臭いのおならが出る場合は、早急に内科もしくは消化器内科へ行きましょう。

おならの臭いが関わる症状2:大腸憩室病・大腸憩室炎

【大腸憩室病】とは、大腸の一部が袋状になって、腸の外側に飛び出してしまう病気です。

腸の外側に飛び出してしまった袋の事を【憩室】と呼びますが、この憩室に便が溜まってしまうと排便したにもかかわらず残便感がある……といった感覚になり、憩室の中に溜まった便はなかなか出せない為発酵して悪臭を放ちやすくなります。

まれに便や食べ物などが詰まる事で、腸が炎症を起こす場合もあり、これを【大腸憩室炎】と呼んでいます。

憩室炎も同様に臭いおならが出ると言われているので、腹痛や出血が見られる場合は早急に病院へ行って診てもらう必要があります。

おならの臭いが関わる症状3:ストレス過多によるもの

過剰にストレスを抱えている場合、身体の神経が正常に働かなくなってしまいます。それにより胃腸の働きも通常より悪くなる為、おならも臭くなりやすいです。

胃腸に負担がかかりやすくなっている事で腸内環境が悪化し、悪玉菌により発生したガスが通常より溜まりやすい状態になっているのです。

またストレスを強く感じている状態だと、食事中によく噛まずに飲み込んでしまったり、早食いが多くなる傾向に。それによっても胃腸に負担がかかる為、腸内環境が悪くなり臭いおならの原因になります。

おならの臭いが関わる症状4:便秘によるもの

便秘というのは腸内の便が長時間蓄積されている状態なので、便が発酵して悪いガスが発生します。このガスもまた悪臭を放つもので、便そのものに近い臭いと考えて良いでしょう。

また便が腸内に長く留まることで悪玉菌が増える事で、腸内環境も悪くなります。便秘症の人であれば嫌と言う程経験しているのではないでしょうか?

また腸内に滞留するガスは、血管を通じて肺に届く事で口臭の原因となるケースもあります。【おなら口臭】と呼ばれているものですね。

おならの臭いが関わる症状5:呑気症

臭いのないおならが頻繁に出る人は、【呑気症】の可能性が考えられます。

呑気症とは、極度の緊張・ストレスなどが原因で無意識のうちに大量の空気を飲み込んでしまい、胃に溜まる空気量が通常より多くなってしまうという病気です。

胃の不快感や痛み・お腹の張りなどの症状が目立ちます。おならではなくゲップとして出るケースもある様です。

おならの臭いが関わる症状6:その他胃腸の疾患

腸炎や慢性胃炎など、胃腸が弱かったり何かしらの疾患がある場合にも臭いおならが出ます。

【牛乳不耐症】という牛乳を飲むとお腹を壊しやすい体質の人も、牛乳を飲む事で腸内の活動に支障をきたし、ガスが溜まりやすくなるようです。

妊娠中のおならも臭くなる?

妊娠中は腸が圧迫される為に便秘になるリスクが高く、その為臭いおならも出やすくなります。

また女性ホルモンのプロゲステロンが増えることで、【消化器平滑筋】という消化器の収縮を行う筋肉が緩んでしまいます。それにより、妊娠初期であってもおならの出やすい体質に変わってしまう様です。

消化器平滑筋が緩むと消化器の運動量が減り、食べ物が胃に残る時間が長くなる事もガス発生の理由の一つです。

さらに【つわり】の影響で偏った食生活が続く事でも、腸内環境悪化に繋がり悪いガスが溜まりやすくなってしまいます。

■おならの臭いの種類・まとめ

臭いの無いおならと、悪臭のするおならの違いはわかりましたか?臭いおならが出てしまう原因ももう一度まとめておきますね。

・腸内環境が悪くなり悪玉菌が優勢になると、悪玉菌が腐敗ガスを作り出してしまう為、臭いおならの原因に。
・臭いおならが出る症状の病気で有名なのは、大腸ガン・大腸憩室病・ヒ素中毒・胃腸疾患など。
・ストレスや便秘も腸内環境を悪くし、悪玉菌が増えてしまう為臭いおならの原因に。
・妊娠中は腸内環境が悪化しやすい為、こちらも臭いおならの原因に。

おならの臭いを改善したい場合は、とにかく腸内の善玉菌を優勢に持っていく努力をする事。

乳酸菌やビフィズス菌などを摂取できる食事やサプリメントを摂るようにして、規則正しい生活習慣を心がけてみましょう。

Pocket