舌が黄色くて口が臭い!これが舌苔?舌苔と口臭の関係と原因について

Pocket

最近口臭が気になってきたら、どうやら舌からドブ臭いような臭いがしてきたと感じたことがありませんか?そして、その舌を見ると黄色いネバネバしたようなものが付いていて、この舌の色はなんだろうと思うことでしょう。今回は口臭とこの舌についているものについての関係性と原因、対応方法などについて説明にします。

舌苔とは?

・口臭の原因のほとんどは【歯周病】にあります。歯周病は、歯周病病原細菌と呼ばれる様々な細菌の感染によって生じる慢性炎症です。プラークに含まれた歯周病病原細菌が歯の周りの歯周組織に付着することにより歯周病は発生します。歯周病病原細菌は、嫌気性菌と呼ばれ、酸素を嫌います。そして、タンパク質やアミノ酸を分解してエネルギーを得て活動をします。このとき生じる揮発性硫化化合物というガスが口臭の原因となる【ドブ臭い】ような臭いを生じます。
この歯周病病原細菌が含まれたプラークが舌に付着すると、舌が黄色くなります。これを【舌苔】と呼び、歯周病の次に口臭の原因となります。舌の構造が舌苔をより付着しやすくさせています。

舌の構造

・舌の表面には様々な乳頭と呼ばれる突起状のものが存在します。乳頭には味を感じる受容器である【味蕾】が存在します。プラークはこのでこぼこした乳頭に付着し舌苔を形成します。付着した舌苔がそのままであると、味蕾が正常に働かなくなり、味覚が低下してしまいます。

プラークとは?

・プラークは、唾液の成分が歯に付着して時間の経過とともに厚みを帯び成熟して形成されていきます。成熟したプラークに細菌が凝集、繁殖することによりプラークは病原性を持ち始めます。さらに、プラークが唾液などに含まれるカルシウムなどにより石灰化すると歯石になります。プラークを取り除くことが歯周病を予防することに大変重要なことになり、且つ口臭の予防にもつながります。

歯周病病原細菌

・歯周病病原細菌は、口腔内のいたるところに存在します。歯周病病原細菌は単体で活動することよりも、さまざまな細菌と凝集し細菌叢を形成します。口腔内に細菌はおよそ700種類いると言われています。そのほとんどが病原性を持たないと言われています。虫歯の主な原因菌と言われているStreptococcus mutansと呼ばれる細菌は酸素がある状態でも活動できますが、歯周病病原細菌は酸素がある状態では、活動ができません。このような特徴を持つ歯周病病原細菌は、porphyromonas gingivalis(P.g菌)、Tannerella forsythensis(T.f菌)、Treponema denticola(T.d菌)、Aggregatibacter actinomycetecomitans(A.a菌)などが歯周病病原細菌で有名です。とくに、舌苔からは多くのPg菌が検出されます。これらの細菌によって様々な揮発性硫化化合物を生じ、口臭の原因となります。

揮発性硫化化合物

・揮発性硫化物は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどがあり、硫化水素は卵の腐ったような臭い、メチルメルカプタンは腐った玉ねぎのような臭い(おならの臭いの成分でもあります。)。ジメチルサルファイドは腐ったキャベツの臭い(磯潮臭さと感じることもあります。)がします。

舌苔と歯周病

・舌苔と歯周病は非常に密接に関連しています。歯周病が進行していると口腔内には歯周病病原細菌が多く繁殖しています。その歯周病病原細菌が多くプラークに含まれ舌に付着して舌苔をより形成しやすくします。歯周病が進行している方と、していない方に比べるとでは、明らかに歯周病が進行している方の方が舌苔を形成しやすくなります。そのため、舌苔の形成を少なくするには、歯周病の治療、予防が非常に重要になります。

舌苔を無くすには?

・それではどのようにして舌苔を無くせばよいのでしょうか?一番分かりやすい方法では、【舌清掃】があります。ブラシで舌を磨いて舌苔を取り除く方法です。そして、舌苔の原因が歯周病病原細菌なので、歯周病の予防、治療を行い、日々の歯磨きをしっかり行い歯周病の症状を安定させることが舌苔を無くすことにつながります。

舌清掃

・舌苔を取り除くにはブラシで磨いて取り除く方法が、一番効果的です。歯を磨く歯ブラシでの清掃でも舌苔を取り除くは出来ますが、効果的に取り除くことは、形態的に困難です。そのため、舌の清掃専用のブラシである【舌ブラシ】が存在します。舌の形態に合わせて作られた扇状のブラシです。様々な形態・材質の舌ブラシが存在しますが、GC社製の【舌フレッシュ】という製品が舌ブラシに非常に適しています。舌は非常にデリケートな構造になっています。あまり激しくゴシゴシ磨くと乳頭を傷つけ味覚異常が生じることがあります。舌フレッシュであれば適度な硬さなので効果的に舌苔を舌を傷つけずに取り除けます。また、舌清掃は1日1回程度で、奥から手前に引くようにして、1方向のみで行うようにします。

まとめ

・舌の状態、色によって全身の状態がわかります。舌苔が多く付着している場合は歯周病、消化器系の異常などがある場合が多いです。舌清掃をしっかりすることによって舌苔を取り除き口臭を防ぐとともに、生活習慣、歯周病の予防を心がけ、できるだけ舌苔が舌に付着しないように心がけることが、からだの健康にもつながります。

Pocket