歯磨きをしても口臭が治らない!もしかして、胃からくる口臭なのか?胃と口臭について

Pocket

口臭が気になり歯磨きをしても、口臭が収まらないということを経験したことがありませんか?または、ご家族の方で食後しっかり歯磨きしているのに口が臭って気になると言う方も少なくないはず。この場合、もしかしたら胃や腸が原因なのではと?疑問に感じたことがあるのではないでしょうか。今回は口臭と胃や腸の関係性について説明します。

口臭の原因

口臭の原因のほとんどが、【歯周病】にあると言われています。口臭のおよそ80%の原因が歯周病です。それに付随して【舌苔】と呼ばれる舌に付着した黄色いプラークが歯周病の次に口臭の原因となります。このため、口臭は文字通り口腔内にそのほとんどに原因があります。
そのほか、肝臓、腎臓、消化器系、糖尿病などの全身疾患が原因で生じる口臭と、口臭がしないのに自分に口臭があると感じてしまったり、口臭がすると不安になってしまう精神的、心理的なのことが原因となる口臭があります。

まずは歯周病から

口臭を感じたらまずは歯科医院を受診

口臭の原因のほとんどが口腔内にあるため、口臭を感じたらまずは歯科医院を受診することが最優先となります。

治療に先立って、十分に問診をし、歯科医師に自分の主訴、気になることを理解してもらいます。続いて、レントゲン撮影、歯周組織検査、などを行い現在の自分の口腔内がどのような状況かを診査して、診断してもらいます。その結果、患者と歯科医師が口臭の原因となる歯周病が現在どの程度進行しているのかを、お互いに理解して歯周病の治療をしていくことが非常に重要になります。最近では、さらに唾液を採取して口腔内の細菌、唾液の質の検査をして、より明確に歯周病の治療をしていく歯科医院も増えています。(最先端なところではDNA検査などを行う歯科医院もあるそうです。)

口臭原因の80%である歯周病治療のプロセス

歯周病の治療は、初期治療、歯周外科処置、メンテナンスの3つに大きく分けることが出来ます。

初期治療

歯に付着したプラークや歯石の除去をメインに行います。また、抜かなければならい歯の抜歯やブラッシング指導も初期治療含まれます。

歯周外科処置

歯周外科処置は、初期治療で改善されなかった進行した歯周病に行います。歯茎を切開・剥離して歯の根に付着した感染した歯石や不良肉芽を徹底的に取り除く治療です。また、失われた歯を支える歯槽骨を再生する治療も含まれます。

メンテナンス

外科処置の後は定期的なメンテナンスを行い歯周組織の安定を図ります。

このような歯周病の治療を行う事によって、歯周病の原因である感染源を取り除き、その結果ほとんどの口臭を無くすことができます。
しかし、それでも口臭が改善できない場合もあります。
この場合は、原因が歯周病ではないことを考えなければいけません。

もし、口臭の原因が胃にある場合

もし口臭の原因が歯周病以外にあるとしたら、それは【全身疾患】に原因があると考えられます。例えば、糖尿病患者では糖代謝に異常が生じる為、【アセトン臭】という甘酸っぱい臭いが口臭と体臭に生じるようになります。肝臓の病気の場合では【アミン臭】が、腎臓の病気の場合では【アンモニア臭】が生じるようになります。それでは、胃や腸の病気の場合ではどうなるのでしょうか?

胃腸と口臭

・もし、歯周病が安定していて口臭がする原因が胃や腸にある場合では、2つの病気が考えられます。1つ目は逆流性食道炎、2つ目が胃や腸に生じた悪性腫瘍(癌)であると考えられます。

逆流性食道炎

逆流性食道炎の場合、食道の筋肉の弱まりや胃内圧の上昇により胃液などが逆流します。そのときの胃内容物の臭いが口臭として生じることがあります。

悪性腫瘍

悪性腫瘍の場合は、正常の消化系が機能しづらくなり食べ物が消化せずに発酵してしまったり、がん細胞が増殖して、細胞が壊死してその臭いが口臭として生じます。その臭いは【どぶ臭い】ことがおおいです。

しかし、ほとんどの場合で胃や腸の病気単体で口臭がすることはありません。
では、何故口臭がするのでしょうか?

歯周病と胃

・口臭の原因は、歯周病や糖尿病などの【生活習慣病】が原因で起こることがほとんどであると言えます。よく歯を磨いているのに口臭がすると感じ、原因が胃や腸にあると思っていても、実は生活習慣に原因がある可能性が高い場合がほとんどであると言えます。また、日常的に生じるストレスも口臭の原因となります。ストレスが多くなると口の中は乾燥しやすくなり、口の中の細菌の活動が活発になりやすくなります。その細菌が生じる揮発性硫化化合物というドブ臭いようなガスが口臭の原因となります。
また、歯周病の場合、その原因である細菌が胃や腸にも影響します。そうすると、腸内の細菌のバランスが悪くなり、消化不良が生じ、その結果口臭の原因となることがあります。

どのように改善すればよいのか?

・生活習慣を改善することはなかなか大変だと思います。飲酒、喫煙する習慣がある方ではまずはそのどちらかを制限すると良いでしょう。そして、ストレスを出来るだけ感じないように両方ともに制限して、自分の生活のリズムを規則正しくしていくことが重要になります。このようにして、徐々に生活習慣を正しくしていき、歯周病、糖尿病などの病気に対して真摯に取り組むようにします。

まとめ

・口臭は単純に1つのことが原因で生じるわけではなく、様々なことが原因で生じます。そのため、常日ごろから身体全体の健康に気を付け、定期的な医科、歯科での検診を行い、身体の病気に対して予防することこそが、口臭を無くす一番効果的な方法です。口臭は健康のバロメーターと考えられます。もし、口臭と身体の不調を感じたら、一人で悩まず胃医療機関と相談することにしましょう。

Pocket