口臭を無くしたい!簡単おすすめの口臭予防対策トップ5はコレ

Pocket

口臭を簡単に予防できる対策があったら知りたくありませんか?
口臭が気になると、とたんに外出も躊躇したり、人と会うのが怖くなったりしますよね。
そんな時は、話している相手がただ鼻か痒くて掻いただけでも
「自分の口臭が臭いからじゃないか・・・」
「早く話を切り上げたいんじゃないか」
と気になってしまい、話の内容が入ってこなくなってしまう事もあるかもしれません。

そんな事にならないようにする口臭予防の対策があったらすぐにでもやってみたいですよね。
今回は口臭予防におすすめの対策の中でも実践しやすいものを5つご紹介します。

口臭の原因舌苔が増える原因は?

口臭の原因は、その大部分が口の中にあるのですが、虫歯や歯周病ではない場合、舌苔が多くなっていることがあります。
では、どのような時に舌苔が増えてしまうのでしょうか?いかにあげてみます。

1、 口呼吸により口内が乾燥している
2、 ストレスにより唾液が少なくなる
3、 間違った舌磨きで舌が傷ついた
4、 加齢による唾液が少なくなる

このように、唾液が少なかったり、舌磨きのし過ぎなどで舌苔は増えてしまうのです。
しかし舌苔が増えて口臭が起こりやすくなるのは、簡単な方法で予防できます。
では、どのように予防できるのでしょうか?

おすすめの口臭対策5つはコレ!

舌苔が増えるのを防ぐには、実は日常生活で予防できることが沢山あるのです。
簡単に実践できるおすすめの予防法を5つご紹介します。

食事をよく噛む

簡単そうに思えますが、現代の食事は噛まなくても食べられるくらい柔らかいものが多いので、多く噛むことが少なくなっています。
実際に一口30回噛んでみると、像より多くて、普段の食事ではあまり噛んでいない事に気づくかもしれません。
毎回一口に30回噛まないといけないわけではありませんが、できるだけ歯ごたえのあるものを食べたり、いつもより沢山噛むことを心がけてください。
そうすると、噛んでいる間に舌がきれいになり、口臭予防になるのです。

口呼吸をやめ、鼻呼吸にする

今まで鼻呼吸をすることが多かった方は、口呼吸をするだけでかなりの口臭予防になります。
口呼吸をすると、口の中が乾燥するだけでなく、喉まで乾燥してしまいます。喉まで乾燥すると炎症を起こし細菌が繁殖して、かなりの口臭がしてしまう可能性があるとすると、口呼吸はやめた方がいいと分かると思います。
しかし、口呼吸には無意識でなっている場合があるので、自分で意識してやめるのは難しいですよね。
そのため、口呼吸になりがちな方はシュガーレスのガムを噛むなど、意識しなくても口を閉じられる状態にして、鼻呼吸に慣れるのがよいでしょう。
寝ている間はガムもかめませんし、口呼吸を意識するのが難しいのですが、テープや、口を閉じるためにあごを支えるグッズも発売されているので、そのようなグッズを使いつつ鼻呼吸で口臭を予防してみて下さい。

唾液腺マッサージ

唾液が少なくなると舌苔が増え口臭がすることがあります。唾液が減少する原因として
・カフェイン・アルコールの過剰摂取
・水分摂取量が少ない
・緊張したときなど、ストレスがかかっている時
・加齢
等があります。唾液が少なくなって口臭がしそうなときは、もちろんガムをかんでもよいのですが、唾液腺マッサージをすることでも唾液を多くすることができます。
唾液腺マッサージのやり方は

1、(耳下腺を刺激する):奥歯のあたりから頬にかけて、円をかくようにマッサージする。
2、(顎下腺を刺激する):耳の下から顎にかけて、骨の内側を押すようにマッサージする。
3、(舌下腺を刺激する):両手の親指をそろえて、顎の下から指で垂直に押す。

です。痛すぎない程度に行ってください。
このマッサージをすると、やっている途中から唾液が出てくるのを感じられます。
口の中が乾燥して口臭がしそう、でもガムなどが何もない!といった場合は、唾液腺マッサージを覚えておくと口臭予防になります。

舌苔を掃除する

唾液を多くしたり、食事をよく噛んだりすればかなり口内環境は改善するのですが、舌が茶色や白っぽい場合は、やはり舌苔がついているのです。
舌苔は、かなり頑固に舌についているため、口をすすぐだけではなかなか取れてくれません。
そのために、舌専用の舌ブラシやガーゼを指に巻いて優しく舌苔を掃除してください。
でも、やりすぎは禁物!
やりすぎて舌を傷つけてしまうと、余計に口臭がしてしまう原因にもなります。

重曹でうがいする

重曹は、水に溶かすと弱アルカリ性の液体になります。舌苔等の口の中の汚れは、たんぱく質の汚れが多いので、アルカリ性である重曹水でうがいをすると汚れが分解されやすくなるのです。
重曹はお菓子などにも使われるものなので、マウスウォッシュの刺激が強すぎる方は重曹で代用してみて下さい。
その時の注意点ですが、重曹はお菓子にも使われますが、掃除用のものもドラッグストアなどでよく見かけます。うがい用に使う場合は、必ず食品用にしてくださいね。

参考:日本口腔ケア学会(http://www.oralcare-jp.org/m/q_and_a.html)

■まとめ

口臭予防は、思ったより簡単にできるのです。
食事中によく噛めば、口臭が防げるだけでなく、歯が丈夫になったり生活習慣病の予防にもなることから、厚生労働省もよく噛むことを推奨しています。
よく噛んだり、鼻呼吸をしたりと簡単なことで口臭予防になるので、ぜひ実践して口臭を気にせず過ごしてくださいね。

参考:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000124752.pdf

Pocket