口臭でお悩みの方必見!口臭外来で行われる検査と治療方法、価格、注意点を解説

Pocket

会話の最中に、相手の口臭が気になることはありませんか?相手の口臭が気になると「もしかして私の口も臭ってるかも?」と、心配になる方もいるのではないでしょうか?
毎日しっかりと歯磨きをしているつもりでも、実は口の中は菌でいっぱいなのです!口腔内は、菌の繁殖にとって適した湿度と温度が保たれているため、残った菌はどんどん増えていきます。その数は、なんと排水溝の約600倍であるとの調査もあるといわれているのです。たとえ殺菌や除菌効果が期待できる歯磨き粉やマウスウォッシュを使用したとしても、全ての菌をなくすることはできません。
皆さんは「口臭外来」をご存知ですか?そこでは、主に歯科医が口臭の原因について、検査や診察を行い、それに適した治療を行うところです。
これから口臭外来で行われる検査や治療について詳しく紹介します。さらに、気になる費用についてもみていきましょう。

どうして口臭が起こるの?原因と分類について

口臭が起こる原因は人によって異なります。虫歯や歯周病のように口の中に原因がある場合や、食事や喫煙などの生活習慣が臭いの原因である場合もあります。
口臭の原因の約9割が虫歯や歯周病の菌によるものであると言われています。日本口臭学会では、口臭の原因を「生理的口臭」と「病的口臭」の2つに分類しています。

1.生理的口臭

生理的口臭は、さらに「一般的な生理的口臭」「ホルモンの変調による口臭」「飲食物・薬物による口臭」の3つに分かれます。

・一般的な生理的口臭
加齢によるもの、起床時・緊張時・空腹時など、場面による口臭などがあります。一般的には、起床時の口臭が1日の中で最も強いといわれています。

・ホルモンの変調による口臭
思春期や更年期など年代によるものや、妊娠や月経など女性に特有のものがあります

・飲食物や薬物による口臭
ニンニクやニラなどの食べ物や、コーヒーやアルコールなどの飲み物によるものがあります。また、活性型ビタミン剤を飲んだ時も特有の口臭があります。

2.病的口臭

病的口臭は、「歯科口腔領域」「耳鼻咽喉科領域」「内科など全身の病気」の体の病気が原因となるものと、「心理的口臭症」によるものがあります。

・歯科口腔外科領域
虫歯や歯周病、口内炎など口の中のトラブルや、舌苔や口腔内の汚れも原因となります。

・耳鼻咽喉科領域
副鼻腔炎や、喉の炎症に加え、悪性腫瘍も臭いの原因となります。アレルギー性鼻炎などで口呼吸になると、口腔内が乾燥して口臭の原因となります。

・口臭を起こす全身の病気
糖尿病や肝臓の病気などがあります。

・心理的口臭症
他の人からすれば気になるほどの口臭ではないのに、必要以上に自分の口臭が気になってしまう人がいます。この状態を心理的口臭症といいます。

口臭外来はどんなところ?

口臭外来は、一般的に歯科クリニック等で行われてます。それは、口臭の原因の約9割が歯科口腔領域にあるためです。
口臭外来では、問診や検査によって口臭の原因を総合的に判断し、その人にあった治療方法を提供します。

口臭外来ではどんな検査をするの?

口臭外来は、主に歯科クリニックで行われています。では、さっそく口臭外来で行われる一般的な診察や検査についてみていきましょう。中には予約制の外来もあるようですので、受診する前に問い合わせすることをおすすめします。

1.問診

口臭外来を受診すると、まずは口臭の原因がどこになるのかを探るために、問診票の記入し、それに従って聞き取りが行われます。主に生活習慣や病気の有無など、さまざまな項目についての質問があります。中には、数日間にわたる状況を記入するものもあるようです。

2.診察と検査

口臭の原因を突き止めるために、医師の診察やさまざまな機械を使用した検査が行われます。

<口腔内の診察と検査>
まず、医師の目で見て虫歯や歯周炎、口内炎などの炎症、さらに歯周病の有無を確認します。状況に応じてレントゲンを撮ることもあります。
その後、唾液検査や口臭測定器などの検査が行われます。それぞれの検査目的と方法についてみていきましょう。

・唾液検査
検査キットを使用し、ミュータンス連鎖球菌、ラクトバチラス菌の確認と、さらに唾液分泌速度と唾液緩衝能も確認も行います。

・口腔内の湿潤度チェック
口腔内の乾燥は、口臭だけでなく虫歯の原因となります。口腔水分計を使用して、口腔内の水分量を測定します。

・オーラルクロマ
「硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド」は、口臭の原因となる三要素ガスといわれています。専用の機械を用いて、これらの濃度を測定します。
オーラルクロマ以外に、ハリメーターやブレストロンなどを用いることもあります。

・BBチェッカー
BBチェッカーは口臭測定器とも言われるものです。
口腔内と呼気中に含まれる、硫化水素とメチルメルカプタンなどの揮発性ガスの測定します。起床時の口臭を100、口洗浄後を1として、臭いを数値で評価します。

・アテイン
アンモニアやインドールなど口臭の原因であるガスは、タンパク質が嫌気性菌によって分解されて出されるものです。
アテインは、尿素で細菌を増やし、口腔内の細菌数が最大になった状態を再現させ、産生されるアンモニアを測定することによって、細菌数を判断するものです。

・人による官能検査
人が直接、口の臭いをチューブを通して嗅ぐことによって検査する方法です。UBC式官能検査では、0から5までの6段階で評価します。
口臭をチェックする機械はさまざま開発されていますが、人の嗅覚を上回るものはないため、人の嗅覚による検査が行われます。

<その他、必要に応じて検査するもの>
口腔内の検査のほか、医師が必要と判断すれば、血液検査など全身の検査も行われます。尿検査やミネラルバランス検査などがあります。

口臭に対する治療方法を紹介

診察と検査で口臭の原因が特定できたら、いよいよ治療が開始となります。
口臭に対し行われている主な治療方法2つを紹介します。

1.3DS治療(除菌療法)

3DS療法とは、Dntal Drug Delivery Systemの略です。これは、虫歯や歯周病がある方に対し、薬を使用して虫歯や歯周病の病原菌を除菌する治療方法です。この治療はあくまでも虫歯や歯周病に対する治療方法です。しかし、これらは口臭の原因となっている場合が多く、この治療をすることによって口臭の改善が期待できるものです。
虫歯や歯周病の菌が作り出したバイオフィルムを取り除いた後、薬剤を含ませたマウスピースを装着することで原因菌を除菌します。

2.ほんだ式口臭治療

ほんだ式口臭治療とは、東大阪市で歯科クリニックを開業している本田俊一先生が考え出した治療方法です。この治療法は、提携している全国の歯科クリニックで行われています。
本田俊一先生が開発した、歯磨き粉・オーラルリンス・マウスコンディショナーに加え、唾液分泌を促すガムを使用します。
3〜4週間ごとに受診を繰り返し、およそ3ヶ月かけて治療するというものです。この治療法は、虫歯や歯周病など原因があるものと、心理的口臭症との両方に効果が期待できるといわれています。

口臭外来にかかる費用はどのくらい?

「気になる口臭をなくしたい!でも、治療にいくらかかるの?」と不安を感じている人もいるのではないでしょうか?口臭外来で行われる検査や治療は、自由診療といって保険適応外の場合がほとんどです。つまり、保険証を使用できる虫歯や歯周病の検査以外の診察や治療に保険証は使用することができません。その金額は、医師が決めた金額になるため、一概にいくらということは困難です。治療のために数回の受診や検査が必要となります。さらに治療のために、専用の歯磨き粉などを購入する必要があります。

口臭外来を受診するときの注意点について

口臭外来を受診するときは、香水や整髪料の使用は禁止となっています。また、衣服に柔軟剤等の匂いが付いているものもNGです。使用する検査機は、匂いに反応して判断するものですし。人による官能検査でも他の匂いがあると判断しにくくなってしまうためです。また、受診前日と当日は、ニンニクなど臭いの強い食事は控えるようにしましょう。

まとめ

口臭が気になると、人とのコミュニケーションの妨げとなることもあります。口臭が気になり、積極的に会話をすることも難しくなってしまうことも。
口臭の原因のほとんどは、虫歯や歯周病など歯科口腔領域であるといわれています。これらの原因菌が産生するガスが口臭の原因となっているため、その原因菌を除菌することが口臭治療の中心となります。まずは、自分の口臭の原因を知り、それに適した治療法を受けることで、口臭を改善することができるといえるでしょう。
口臭治療は、保険の適応外となるためある程度費用が必要となります。受診する前に費用がいくらかかるのか、問い合わせすると安心ですね。

Pocket