口臭がした時どうする?困った時はこれに限る!口臭を消すおすすめ飲み物

Pocket

これから大切な人と会わなければいけない時、口臭がしていると気が付いたり、人に指摘された時どうすればいいのだろう?と困った経験があるかと思います。困ると同時に、この口臭を瞬時に無くしてくれるものはないのだろうか?と思い浮かぶと思います。今回は、このように口臭で困った時に、口臭を消してくれるおすすめ飲み物を説明、紹介します。

口臭の原因とは?

・そもそもなぜ口臭はするのでしょうか?口臭がする原因はいくつか考えることができます。例えば、刺激的な食べ物を食べた後も口臭や、ニンニクやネギ、ニラを食べた後も口臭は生じます。また、あまり上手に歯磨きが出来ない方や虫歯多い方、虫歯の治療を多くしたことがある方、歯周病が進行している方にも口臭は生じます。糖尿病、肝疾患、腎障害、消化器系の異常があるなどの全身疾患がある方にも口臭が生じます。様々なケースで口臭は生じることがあるため、その口臭の対応にも様々な方法があります。口臭を大きく【生理的口臭】、【病的口臭】、【心理的口臭】と3つに分類できます。心理的口臭は、実際には口臭がしないのに、自分で口臭していると思いこんでしまったり、気になってしまう方の症状であるため、今回は実際に臭いが生じる口臭である、生理的口臭と病的口臭の説明をしていきます。

生理的口臭

・生理的口臭とは、どなたでも起こることがある口臭です。朝起きたときに生じたり、空腹時に生じたり、緊張状態や興奮状態で口の中が渇いた時などに生じる生理現象時に口臭のことをいいます。女性の生理や妊娠が原因で生じる口臭も生理的口臭に含まれます。生理的口臭のほとんどの場合が、唾液の分泌の低下が原因で生じます。唾液の分泌が低下すると口腔内が乾燥します。口腔内が乾燥すると、歯周病病原細菌が増殖しやすい環境となります。また、唾液の分泌が減少すると唾液が持つ洗浄作用や抗菌作用も低下するため、細菌はさらに繁殖しやすい環境となります。このような口腔環境になれば、歯周病病原細菌が生じる揮発性硫化物によって口臭が生じます。一番多いと言われている起床時に起こる口臭は、唾液の分泌が就寝時では、起きている時に比べると半分ほど低下することが原因となっております。空腹時、緊張時、興奮時では、自律神経の交感神経が優位となって唾液の質が粘調性となるためです。これらすべて、正常な状態に戻れば口臭は消失もしくはほとんど感じなくなります。

そのほか、嗜好品や飲食物によって生じる口臭も生理的口臭に含まれます。アルコールを摂取した後やその翌朝に生じる口臭や、ニンニクやネギ、ニラなどを食べた後に生じる口臭がその代表例です。

病的口臭

・病的口臭とは、体の病気が原因で生じる口臭のことをいいます。病的口臭は大きく2つに分類できます。1つ目は、口腔内の病気である歯周病や虫歯などが原因である口臭があります。2つ目は、糖尿病や肝疾患、腎障害、消化器系の異常などの全身疾患が原因である口臭があります。病的口臭のほとんどが口腔内にあると言われており、さらにそのほとんどが、歯周病が原因です。歯周病は歯周病病原細菌と呼ばれる細菌によって、歯周組織が感染されて生じる慢性炎症です。歯周病が進行していくと、歯周病病原細菌が繁殖しやすい環境になります。歯周病病原細菌は偏性嫌気性菌と呼ばれる、通常酸素が無い場所で生息することを好みます。歯周病が進行すると歯周病ポケットと呼ばれる部位がどんどん深くなっていき、歯周病病原細菌が繁殖しやすい環境となります。歯周病病原細菌は酸素の変わりに、タンパク質やアミノ酸を分解して活動のエネルギーを得ます。このとき生じる揮発性硫化物というドブの様な臭いガスが口臭の原因となります。

また、歯周病病原細菌であるporphyromonas gingivalis(P.g菌)が含まれたプラークが舌に付着すると【舌苔】と呼ばれます。舌苔からは、P.g 菌によって揮発性硫化物が生じる為、歯周病に次いで口臭の原因の1つになります。

口臭を消すおすすめ飲み物!

・口臭はそれぞれの場合に原因が異なります。また、その発生機序や時間も異なるため、歯磨きをしても口臭が残ってしまうこともしばしばあります。そういう口臭で困った時に、対応できる飲みものがあるので、紹介していきます。

生理的口臭を消すおすすめ飲み物3選!

・まず、水を飲むことが一番効果的です。とくに、起床時に生じる口臭の原因は口腔乾燥にあります。そのため、水を飲むことによって口腔内を潤してあげることで口臭を大きく減少させることができます。元々、ひとの体のほとんどが水で出来ているので、こまめに水を飲むことがからだの生理現象の維持に大切です。

・つぎにおすすめの飲み物としてあげられるのが、【お茶(とくに緑茶)】です。お茶には、カテキン、フラボノイド、ポリフェノールなどの様々な成分が含まれます。カテキンは、免疫力維持や抗ガン作用、抗う蝕作用(虫歯予防)などの健康維持に非常に効果があります。抗菌作用もあるため、口腔内の細菌に対して作用します。フラボノイドには、アンチエイジング作用、抗酸化作用、免疫力を整える作用などがあります。口臭を減らす作用としては、抗菌作用とストレスを減少させる作用があります。ストレスがあると唾液の分泌は低下しがちになります。そのため、フラボノイドに含まれるストレス緩和作用は唾液の分泌回復に効果が期待できます。また、カテキン、フラボノイドには消臭効果があるとも言われています。お茶はお水同様に口腔内に潤いを与えてくれます。

・続いて口臭に効果がある飲み物として、【りんごジュース】があげられます。りんごに含まれるアップルフェノンというポリフェノールや、リンゴ酸が口臭を予防してくれます。

ニンニクやネギ、ニラの臭いに効く飲み物4選!

・ニンニクやネギ、ニラを食べた後は刺激的な口臭が残ります。とくに、ニンニクを食べた後は歯磨きをしても臭いが残ることがあります。それは、ニンニクが胃に吸収されて、全身に臭いの成分が循環するためです。そのため、ニンニクの口臭を無くすためには胃での吸収に対策を講じる必要があります。

その臭いに効く飲み物としてりんごジュース、牛乳、お酢、お茶の4つがお勧めです。りんごジュースには、アップルフェノンというポリフェノールが含まれています。ニンニク、ネギ、ニラなどには臭いの原因となる【アリシン】という成分が含まれています。アップルフェノンはこのアリシンを分解する作用があります。牛乳の場合は、食前に飲むことにより胃の表面に牛乳の膜を張り、アリシンが胃で吸収されるのを防ぎ、口臭を防ぎます。アリシン以外にもアルコール摂取後に生じる口臭にも効果があります。お酢では、直後にニンニクなどを食べた後飲むことにより、口臭を防ぎます。お酢に含まれる消臭、殺菌作用が臭いを防ぎます。飲む用のお酢もしくは水で薄めたお酢を飲むといいでしょう。最後にお茶ですが、お茶に含まれるカテキンとフラボノイドの消臭作用により口臭を無くします。お茶以外にもウーロン茶も同様な効果が期待できます。

飲むと口臭が増える飲み物!?

・飲むと逆に口臭が増えてしまう飲み物も例外的にあります。その代表的なものに【コーヒー】があります。コーヒーには様々な成分が含まれます。その1つであるカフェインは精神を興奮状態にする作用があるため、唾液の分泌が低下して口臭が増加してしまいます。これは、カフェインを多く含むエナジードリンクにも同じことが言えます。そのほか、牛乳もその成分がほとんどタンパク質であるため、タンパク質やアミノ酸を分解して活動のエネルギーを得る歯周病病原細菌の格好のエサとなります。そして、その時生じる揮発性硫化物によって口臭が生じます。

まとめ

・今回紹介した飲み物は、口臭がしたときに対策する応急処置的なものです。根本的に口臭がしないようにするためには、その原因を取り除く必要があります。歯周病が原因であれば、歯科医院で歯周病の治療を行い、歯周病の症状を安定させる必要があります。そして、正しいブラッシングを行い、歯周病を予防することによって、口臭が生じることも予防します。また、全身疾患に原因がある場合はその治療をしっかり行う必要があります。いずれにしても、日々の日常生活から健康維持に注意をすることが重要になります。

Pocket