これが口臭の原因かも!?舌苔(ぜったい)の原因と除去方法、お手入れ

Pocket

口臭の殆どの原因が口の中にあるのをご存知ですか。しかも、そのうちの大半が舌苔から臭いが発生しているのです。何も食べていないのに口臭がするのは、もしかしてそれは舌苔かもしれません。今回はどうして舌苔ができるのか、舌苔の正体は何なのか、舌苔を取り除くことは可能なのかについて解説いたします。

舌苔とは何?どうしてできる?

舌の表面に白い苔が生えたように見えるため、舌苔といいますが、苔ではなく垢(あか)です。

舌の表面には細かい溝がありますが、その溝に汚れや食べカスが付着しても、通常は食べ物や唾液により舌の汚れは流されます。

しかし、舌の溝が深くなっていたり、歯磨きをしていなかったり、唾液の分泌が少ないなどの理由から食べカスや口腔内に脱落した粘膜や細胞などが舌に付着したままとなり、口腔内に常在している細菌が食べカスなどをエサにし増殖します。

細菌は腐敗を進ませますので、悪臭を放つようになります。

舌苔ができやすい状態がある?

口の中に常在している細菌が増えやすい環境や、舌の溝が深くなれば、当然舌苔ができやすい状態であるといえます。

口呼吸による乾燥

唾液などで濡れていると汚れは落ちやすいのですが、口呼吸などで乾燥してしまうと舌に付着した汚れはなかなか落ちにくくなり、細菌の繁殖が進みます。

舌の運動低下や舌の位置

食べ物を咀嚼(そしゃく:かみくだく)する時に、舌が歯や食べ物にあたることで汚れが落ちますが、舌の動きが悪い場合には、舌の表面が擦れる機会が少ないため、それだけ汚れが落ちにくくなります。

また、舌の位置は通常上あごに付着していますが、中には舌が下あごの方に位置している方がいます。

そうなりますと、舌の表面が擦れないため、汚れが落ちにくいのです。

食べカスや上皮のカスなど

食べカスや上皮のカスは、掻き出すか、飲み込むかをしないと口腔内に残ってしまいます。

定期的にうがいや歯磨きなどの口腔内の清掃をしないと、食べカスをエサとする細菌は舌に付着すれば舌苔になりますし、歯に付着すれば歯垢、そのまま放置すれば歯石となって、口腔内の病気(歯周病や歯槽膿漏)を引き起こしてしまいます。

唾液分泌の低下

食事を連想したり、美味しい匂いを嗅ぐと脳に指令が行き、自然に唾液が分泌されますが、過労やストレス、薬などの影響から自律神経が乱れると、唾液の分泌が減少する場合があります。

唾液は消化を助けるためだけではなく、自浄作用といい洗い流す働きも持ち合わせていますので、唾液の分泌が減少すれば、汚れや細菌が舌に溜まりやすくなります。

薬剤による副作用

高血圧や精神疾患の治療薬の中には、副作用として唾液分泌が低下するものがあります。

また、抗生物質やステロイド剤を長く服用していると、口腔内の細菌の種類に変化が起き、カビの一種であるカンジタ菌が増え、舌苔が増悪する他に味覚などにも影響を与えるようになります。

舌苔ができたら要注意!

舌苔は、普通に食事を摂取し、口腔内の清掃を定期的に正しく行っていれば、口臭の原因になるまでにはいたりません。

つまり、口臭が発生するくらいの舌苔になっているということは、口腔内に異常があるか体調不良が起きているかを疑う必要があります。

今まで通りに生活しているのに、「口臭が気になる」「舌が白い」「味覚がおかしい」などの変化を感じた時には、「疲れがたまっていないか」「何かストレスがないか」と思い起こしてみましょう。

口臭を予防するには、まず舌をみよう!

口臭を予防するには、まず鏡で舌の状態を観察してみましょう。

・舌の表面が白くないか
・舌の表面が赤くなっていないか
・舌の淵(ふち)に歯型がついていないか

舌の表面が白い場合には、垢が溜まってきて舌苔になっていることが考えられます。

また、舌が赤い場合には、びらんや発赤、潰瘍などになっていることが考えられ、痛みを伴う方には一度、医療機関を受診した方が良いです。

舌の淵に歯型が残っている場合は、舌がむくんで大きくなっているため、寝ている間歯に圧迫されてついてしまったものです。

主に疲れや睡眠不足により、舌に歯型が付きます。

毎朝起きたら鏡で舌を見る習慣を作ると体調の変化に気付くことができますよ。

口臭の原因は、舌苔以外にもあるの?

生理的口臭

誰にでも発生する臭いのことで、特に起床直後や空腹時、緊張した時に臭いは強くなります。

これは、唾液の分泌が減り、細菌が増えてしまったことが原因ですから、歯磨きや食事などをした後には消えます。

病的口臭

病的口臭の9割は口腔内に原因があり、歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、清掃不良などであるといわれています。

病的口臭の1割が、鼻やのどの疾患、呼吸器や消化器の疾患、糖尿病や肝臓病などが原因で口臭が起きます。

病的口臭の場合、原因疾患を治療しなければ、口臭は改善しません。

自覚症状がなくても、半年~1年に1回程度、歯科受診し口腔内の状態を診てもらうことは予防的観点からも大事なことです。

心理的口臭

自分には「口臭がある」と思い込んでいる場合をいいます。

飲食物や嗜好品等による口臭

ニンニクやネギ類、酒、タバコ等による口臭です。

ストレスによる口臭

極度なストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌が減ります。

唾液が減ると口腔内の細菌を洗い流すことができないため、菌が増殖し悪臭を放ちます。

舌苔を取り除く方法とは?

規則正しい生活を送り、3食キチンと食事をして、食後の歯磨きをすれば、あえて舌苔を取り除く作業は、基本しなくても大丈夫です。

でも、舌苔が付着するのがどうしても許せないという方は1日1回、舌のブラッシングをしましょう。

・力は極めて弱く(強く磨くと舌を傷つけてしまい逆効果)
・歯ブラシを使用(舌ブラシではなく歯ブラシで十分!)
・舌の先ではなく奥を磨く(汚れは奥の方にある)
・うがいも忘れずに(洗浄液なら、なお良し!)
・磨き方は後ろから手前に引くイメージ(前後運動のみ)

舌は粘膜で傷がつきやすい場所でもありますし、傷が付けばそこに細菌が侵入し悪臭の元となりますので、あまり神経質にならずに、優しく丁寧にブラッシングとうがいをしましょう。

まとめ

今回、口臭の原因である舌苔について解説いたしましたが、生活習慣だけで十分に予防および改善が可能であるということがお分かりになりましたでしょうか。

誰にでも舌苔は多少ありますが、通常は食事や歯磨きなどで十分落ちる程度のもので、悪臭を放つほどになってしまうには、それなりの理由があるということです。

虫歯や歯周病、歯槽膿漏などがないのに、口臭がある場合は「疲れ」「ストレス」「薬の影響」があるかもしれません。

これを機に、「食事はキチンと噛んで食べる」「食後は歯磨きをする」「歯医者には定期的に行く」などを見直してみてはいかがでしょうか。

Pocket