【歯科医が解説】あなたの口臭の臭いはどんな臭い?口臭の種類と口臭対策について

Pocket

あなたの口から臭いがすると感じたり、すると言われたらとても不快な気持ちになるかと思います。しかも、その臭いが「どぶのような臭い」や「魚が腐ったような臭い」であれば、身震いしてしまうほどの心境になるのではないでしょうか?今回は、口臭の種類とその対策について解説します。

口臭の種類

・口臭の種類は大きく3つの種類に分けることが出来ます。生理的口臭、病的(真性)口臭、心理的(仮性)口臭と分類することができます。

生理的口臭とは

朝起きた時や空腹時、妊娠した時などの、人間の生理的な現象によって誰にでも起こり得る現象の時に生じる口臭です。また、にんにくやくさやなどの臭いがする食べ物を食べた後や、アルコールを摂取した後に生じる口臭も生理的口臭に含まれます。生理的口臭は、普通に日常生活をして食後ブラッシングすれば口臭が無くなる、もしくは口臭が気にならない程度に減少します。

病的口臭とは

口腔内の病気が原因でする口臭と、全身疾患が原因でする口臭があります。口腔内の病気とは、歯周病と虫歯が主な原因となります。そのほとんどが歯周病です。歯周病は、歯周病病原細菌の感染による慢性炎症です。歯周病病原細菌が増殖し歯周組織に炎症を起こします。歯周病病原細菌は偏性嫌気性菌と呼ばれる、通常酸素がないところで活動する細菌です。酸素の変わりにタンパク質やアミノ酸を分解してエネルギー源を得て活動します。このとき生じる、【揮発性硫化物】が口臭の原因となります。全身疾患は、糖尿病では、【ケトン臭】、肝疾患では、【アミン臭】、尿毒症では、【アンモニア臭】がします。消化器系の異常がある場合や悪性腫瘍がある場合は、【どぶのような臭い】が生じます。

臭いの種類

口臭と一言でいっても、その臭いは様々な種類があります。【どぶやヘドロのような臭い】、【魚や食べ物が腐ったような臭い】、【アンモニア、小便のような臭い】など多くの口臭が存在します。これらの臭いはそれぞれ原因が異なるため、臭いも異なります。どぶのような臭いの場合のほとんどの原因は、細菌が関係している場合が多くあります。そのほとんどが歯周病病原細菌で生じるような、【揮発性硫化物】の臭いです。

揮発性硫化物

・歯周病病原細菌は、porphyromonas gingivalis(P.g菌)、Tannerella forsythensis(T.f菌)、Treponema denticola(T.d菌)、Aggregatibacter actinomycetecomitans(A.a菌)などがあり、これらが活動するためにタンパク質やアミノ酸を分解してエネルギーを得ます。その時生じるのが、揮発性硫化物です。

揮発性硫化物とは、揮発性硫黄化合物(VSC)とも呼ばれ、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド、硫化水素などのことをいいます。硫黄という言葉どおり温泉の臭いのようなものがします。メチルメルカプタンは、【腐った玉ねぎの臭い】がします。おならの臭いの成分でもあります。ジメチルサルファイドは、【腐ったキャベツの臭い】がします。のりの成分にも含まれることがあるので、磯臭い臭いもします。硫化水素は、【腐った卵】の臭いがします。口臭の原因のほとんどは、この揮発性硫化物です。歯周病になれば歯周病病原細菌によって、揮発性硫化物が生じ口臭がするようになります。舌に歯周病病原細菌が含まれたプラークが付着すると、【舌苔】と呼ばれ舌が黄色くなります。舌苔からは、多くのP.g菌が検出されて、歯周病と同じように揮発性硫化物を生じ、口臭の大きな原因の1つとなります。

アセトン

・アセトン臭は、糖尿病患者特有の口臭です。アセトンは果物が腐ったような甘酸っぱい臭いがします。糖尿病患者は、体の代謝に関係するブドウ糖からできるインスリンが足らなくなり、その代わりに脂肪をエネルギーとして使用します。このとき生じるケトン体により口と体からアセトンの臭いが生じます。また、急激なダイエットでも脂肪をエネルギー源とするため、アセトンの臭いがすることがあります。

アミン

・アミンは、アンモニアの水素原子を炭化水素で置換した物質の総称です。アンモニアのような臭いやかび臭いような臭いがします。肝機能が低下すると、オルニチン回路というタンパク質を分解する過程で、発生するアンモニアがオルニチンと反応し、尿素に変換できなくなります。そのため、体の中にアンモニアが残り、これがアミン臭として口と体からするようになります。

アンモニア

・アンモニアは、刺激が強い有毒な気体です。腎障害、尿毒症になると、体のアンモニアを分解できなくなり、口と体よりアンモニア臭を生じるようになります。

インドール・スカトール

・インドール・スカトールは、大便臭、おなら臭、糞尿臭がします。主に腸内にいるウォルシュ菌などのタンパク質を分解する菌によって生じます。大腸がんなどになるとこのような口臭が生じることがあります。

口臭対策

・このような口臭はどのようにして予防すれば良いのでしょうか?口臭の原因に対して、それぞれ予防する必要があります。口臭の原因のほとんどが、口腔内にあると言われています。そのため、口臭予防をするためには歯周病の予防をすることが必要不可欠となります。また、歯周病病原細菌が含まれるプラークが舌に付着することにより、舌苔となります。舌苔のケアも口臭予防につながります。歯周病病原細菌が腸内で繁殖すると、腸内フローラのバランスが乱れます。腸内フローラのバランスは体の健康のバランスにも影響し。口臭の原因にもなります。そのため、腸内フローラのバランスを正常に保つことは、口臭予防にもなります。

歯周病予防

・歯周病を予防するために一番大切で効果的なことが、日々のブラッシングです。しかし、ただ食後なんとなくブラッシングしているだけでは、歯周病予防に効果は発揮できません。歯周病の症状には、個人差がかなりあります。そのため、歯科医院で自分に合ったブラッシングを指導してもらい、正しいブラッシングを身に付けて、食後ブラッシングする習慣を身に付けます。その時、使用する歯ブラシは1本1本丁寧にブラッシング出来るように、ヘッドが小さいもので、毛先が細くなった【テーパード毛】を使用して、毛先が歯と歯肉の溝に入り、プラークが停滞しないように、しっかり掻きだしてくれるものを選択するようにしましょう。

次に歯周病予防に大切なのが、歯科医院での定期検診とメンテナンスです。歯周病の治療が終了しても、歯周病の発病の複雑性から再発することはよくあることです。そのため、再発を防ぎ、症状を安定させるためには、定期的な検診をして、歯周組織に異常がないかを見てもらい、取り残されたプラークや歯石を取り除くなどのメンテナンスを行う習慣をつけることが非常に重要になります。

舌苔

・舌に付着したプラークは舌苔と呼ばれます。舌苔には歯周病病原細菌である、P.g菌が多く検出されます。P.g菌は揮発性硫化物を生じ口臭の原因となります。そのため、舌から舌苔を取り除く必要があります。ブラッシングの時に使用する歯ブラシでも舌苔を取り除くことは可能ですが、下手に舌を清掃して舌を傷つけてしまうこともあるので、舌専用の舌ブラシを用いて舌苔を取り除くようにします。最近、販売されている低刺激の舌専用の泡状の洗浄剤を使用することもお勧めします。

腸内フローラのバランス

・腸内フローラとは、腸内に常在する細菌叢のことです。様々な細菌がいてその様が、【お花畑】のようなことから、フローラという言葉が使用されるようになりました。腸内フローラは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つから構成されており、それぞれがバランスをとって生息しています。悪玉菌が多くなると腸内はもとより、体全体の健康バランスが乱れます。そして、悪玉菌から生じる揮発性硫化物やインドール・スカトールが口臭となります。腸内フローラのバランスを保つ為には、食生活を規則正しくする必要があります。また、乳酸菌などのサプリメントなどを使用するのも良いでしょう。

まとめ

・あなたの口臭はどのようなものかわかりましたか?口腔内に原因がある場合は、歯周病が多く関連しています。日々のブラッシングを正しく行い、定期的な検診とメンテナンスを行う習慣を身に付けるようにしましょう。全身疾患に原因がある場合は、しっかり原因の病気に向かい合い治療をし、予防、管理の徹底するようにしましょう。口臭は、誰でもする可能性がある嫌なことです。そのほとんどの原因が生活習慣にあります。生活習慣、食習慣を規則正しくし、定期的な検診を歯科医院、医科にて行い、予防するようにしましょう。

Pocket