【歯科医師が教える】口臭がヤバイ!?「口臭外来に行くべきなのかどうか?」の判断方法と口臭外来ってこんなところ

Pocket

・以前は気になっていなかった口からする臭いが最近気になってきたという方は意外と多いのではなのでしょうか?口臭がしてきたと感じたり、しているのではないかと思うと不安な気持ちになるのではないでしょうか?口臭が気になると、「これは病気なのではないのだろうか?」と思い口臭外来などの病院へ行った方がいいのではないかと心配になることでしょう。または、自分でなんとか改善できないのだろうか?と思うはずです。今回は、口臭がした場合どのように対応して、改善させるのかについて説明します。

口臭がする原因

・口臭がした場合、この口臭は何が原因なのだろうか?と気になるかと思います。口臭には様々な原因があります。その原因は、生理的口臭、病的口臭、心理的口臭の3つに分けることが出来ます。生理的口臭と病的口臭は実際に臭いがする口臭です。心理的口臭とは、実際には臭いがしないのですが、他人の手が鼻を覆うような仕草や、会話中顔を背ける仕草をみると、自分は口臭がするのではないかと不安になったり、気になったりしてしまうことをいいます。

生理的口臭

・生理的口臭とは、朝起きたとき、空腹時、妊娠した時などの誰でも起こりうる生理現象時に生じる口臭のことをいいます。また、にんにくやネギ、ニラなどの刺激的、臭いがしやすいものを食べた後や、アルコールを摂取した後に生じる口臭も含まれます。いずれにしても、時間が経過して日常生活を過ごして、ブラッシング等を行えば口臭が無くなるか、ほぼ臭いが問題ないレベルまで減少します。

病的口臭

・病的口臭とは、口腔内の病気である歯周病や虫歯が原因で起こる口臭と、全身疾患である糖尿病、肝疾患、腎障害、消化器系の異常、悪性腫瘍などが原因で起こる口臭です。

口腔内の病気由来の口臭

・口腔内の病気が原因で起こる口臭のほとんどの場合は、【歯周病】が原因です。歯周病とは、細菌感染によって歯周組織に生じる慢性炎症のことをいいます。この細菌は歯周病病原細菌と呼ばれ、porphyromonas gingivalis(P.g菌)、Tannerella forsythensis(T.f菌)、Treponema denticola(T.d菌)、Aggregatibacter actinomycetecomitans(A.a菌)などがあります。これらの細菌は、偏性嫌気性菌という種類の細菌で、酸素がないところで活動します。酸素の代わりにアミノ酸やタンパク質を分解して活動のエネルギー源を得ています。このとき生じる揮発性硫化物という臭いガスが口臭の原因となります。

舌にプラークが付着すると、【舌苔】と呼ばれ舌の表面が黄色く見えるようになります。舌苔はタンパク質やアミノ酸が含まれ、P.g菌も多く検出されます。歯周病のときと同様に、P.g菌はアミノ酸やタンパク質を分解して、揮発性硫化物が作られ口臭の原因となります。口臭の原因のおよそ80%は歯周病と舌苔が原因といわれています。

そのほか、被せ物の隙間に虫歯が出来た場合や、親知らずが腫れた場合も口臭の原因となります。咽頭部も細菌に感染した場合やプラークが付着した場合も、口臭が生じるようになります。

全身疾患由来の口臭

・それぞれの疾患によって生じる口臭は異なります。糖尿病の場合の口臭は、アセトン臭がします。アセトンとは、揮発性(引火性)の高い有機物で、水やアルコールや脂肪を良く溶かします。毒性も高い有機物です。甘酸っぱい果物が腐ったような臭いがするのが特徴です。糖尿病になると、生体活動に必要なブドウ糖からインシュリンを作ることが困難になります。その為、インシュリンの変わりに脂肪を元にエネルギー源を得るようになります。このとき生じるのがケトン体です。ケトン体からアセトンが生じ、糖尿病患者からアセトン臭の口臭や体臭がするようになります。アセトン臭は、急激なダイエットや激しい運動を習慣とする人からも、糖尿病と同じようなメカニズムで生じます。そのため、アセトン臭は、【ダイエット臭】とも呼ばれることがあります。

肝疾患では、アミン臭の口臭がするようになります。アミン臭とは、アンモニア(NH₃)の水素原子を炭化水素基で置換した化合物の総称です。アミンは生体物が腐敗するときに生じ、悪臭の原因になることで有名です。肝機能が低下するとオルニチン回路という、タンパク質を分解する過程で発生する、アンモニアはオルニチンと反応して、比較的毒性の低い尿素に変換できなくなります。そのため、アンモニアが体内に残り、アンモニアが置換されてアミン臭が口臭や体臭としてするようになります。

その他、腎障害、尿毒症となるとアンモニア臭がするようになります。消化器系の異常や悪性腫瘍などでは、インドール・スカトールという糞尿臭、おなら臭がするようになります。

心理的口臭

・心理的口臭は、【実際には口臭がないのにもかかわらず、自分から発する嫌な口臭の為、他人に不快な感じを与えると悩む】症例の事と定義しています。そのため、【自臭症】とも呼ばれます。心理的口臭は、パニック障害や社会不安障害、強迫性障害などの神経症性障害や、統合失調症や妄想性障害などの精神病性障害の方に多く認められます。

その口臭は改善できるのか?

・口臭の原因によってそれぞれ改善する方法は異なります。しかし、早期に改善が認められるケースやなかなか改善が認められず長期間の治療を要する場合もあります。

自分で行う口臭改善方法

・生理的口臭は、時間の経過とともにほとんどのケースで改善が認められます。口腔内にプラークをしっかり取り除くためにブラッシングを行うようにします。また、唾液の分泌の低下によって口腔内が乾燥し口臭が生じる為、十分な水分補給と規則正しい食事と生活をすると良いでしょう。

口腔内の病気が原因の口臭の改善方法は、まずは口臭の原因になるプラークを正しいブラッシングで除去することが大切です。また、口臭の多くの原因の1つでもある舌苔を除去する必要があります。舌は非常にデリケートであるため、雑に清掃すると舌を傷つけてしまうことがあります。通常歯を磨くときに使用する歯ブラシで舌の清掃を行っても良いですが、出来るだけ舌清掃専用の【舌ブラシ】を使用して舌に付着した舌苔を除去するようにしましょう。それでも、口臭がする場合は歯周病の治療や被せ物などの再治療が、歯科医院で必要となります。

歯科医院で行う口臭改善方法

・歯科医院では、口臭の原因のほとんどである【歯周病】の治療をまずは行います。歯周病の検査をと診断を歯科医師にしてもらい、歯に付着したプラークや歯石の除去を徹底的に行います。その後歯周病の炎症や症状の改善が認められなければ、歯周外科処置を行います。歯周外科処置とは、歯肉を切開・剥離して歯肉より下の歯の根に付着した、歯石や感染された不良肉芽、余分な繊維組織の除去を徹底して行います。また、同時に歯を支える歯槽骨の改善も行います。歯周外科処置後に、歯周組織の再評価を行い、症状が安定していれば、定期的な検診とメンテナンスを行います。

歯周病以外では、古くなって隙間を生じた被せ物などを外して再製作を行います。親知らずの場合は、そのほとんどは抜歯をして口臭の改善を図ります。歯周病、被せ物の再製、親知らずの抜歯などの歯科治療を行えば、ほとんどの口臭が消失します。

それでも口臭が改善しなかったら……。

・全身疾患に原因がある口臭以外に、歯科医院での口臭改善の治療を行っても、口臭が改善せず、まだ口臭があると感じる場合は、【心理的口臭】を疑わなければいけません。口臭の原因のほとんどが口腔内にあるので、歯科医院での治療で口臭が改善されない場合は、神経症や精神症などの影響を考えなければいけません。心理的口臭の疑いがある場合は一度大学病院にてより専門的な【口臭外来】を受診する必要があります。

心理的口臭ではなく、口臭の改善が無く明らかに口臭がするときは、口臭の原因を徹底的に突き止めなければいけません。そのため、口臭外来や口臭治療専門の歯科医院での口臭治療が必要になります。

口臭外来での治療

・大学病院にある口臭外来では、口臭の原因の究明を徹底的に行います。呼気のガスを採取し、グラフや表で視覚的に捉え、数値化(濃度や数量)して客観的に口臭を評価します。このように客観的に見て、直接呼気を歯科医師などに吹き付けて口臭の有無をみる【官能試験】によってどのように治療するかを判断していきます。大学病院には、経験豊富な口臭学会の専門医、指導医や、歯周病学会の専門医、指導医、東洋医学の専門などのプロフェッショナルなスタッフによって口臭治療が行われていきます。心理的口臭についても、根気強くカウンセリングを行い、それでも改善が認められない場合は、医科と連携して治療を行っていきます。

口臭治療専門の歯科医院での治療

・大学病院の口臭外来同様、口臭治療専門の歯科医院でも、呼気を【ガスクロマトグラフィー】というガスの分析機械を用いて、客観的に検査を行い評価し分析し、口臭治療を行います。また、全身疾患との関係性も見ながら治療を行います。治療については東洋医学を参考にした漢方薬を用いて治療を行う場合もあります。歯周病の症状はかなり個人差が認められるため、口臭治療も同様に患者個人にあった【テーラーメイド】的な治療を行います。

まとめ

・口臭はどなたでもあります。ただ、その口臭の感じ方や感度の個人差はかなりあるかと思います。口臭がすることはどなたでも嫌な事であり、不安になります。しかし、そのほとんどが口腔内にあります。そして、原因が歯周病にあるため、まずは歯周病の治療を行えば、口臭のほとんどは改善が認められます。口臭が気になった場合、口腔内の検診も兼ねて歯科医院で相談することが、口臭の改善につながります。あまり、深く考えずに歯科医院で相談することがよいでしょう。そして、日々の生活習慣を規則正しくすることが重要になります。

Pocket