【歯医者が教える】口臭に効く歯磨きと歯磨き粉の選び方やコツ

Pocket

口臭が気になると、この口臭をなんとかしたいと皆さまは思うことでしょう。そして、なんとかして口臭を無くそうと思い、まずすることの1つに【歯磨き(ブラッシング)】をする方が多いのではないでしょうか?また、歯磨きに使う歯磨き粉はどのようなものを使うと、口臭予防に効果的なのか気になると思います。今回は口臭と歯磨き、歯磨き粉について説明します。

口臭と歯磨き

・毎日食後に歯磨きをするとことは、歯周予防に一番重要で口臭予防になります。虫歯予防がかなり確立されてきた現代では、食後の歯磨きはより歯周予防に対して行っていると言っても過言ではありません。しかし、毎食後ただ歯磨きしているだけでは、歯周病予防に効果的とは言えません。

そのため、歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士にしっかりと的確な歯磨きの仕方を指導してもらい、その指導に基づいた歯磨きを行う事が大切になります。歯磨きをしっかりすることにより歯周病予防ができ、且つ口臭の予防に最も効果が期待できます。その上で、より口臭に対して効果が期待できる歯磨き粉を選択することも大切なポイントになります。

自分に合った歯ブラシの選び方

・歯周病の予防で最も大切であることが【歯磨き(ブラッシング)】です。只、単に歯磨きをしていれば歯周病の予防にはつながりません。自分の口腔内にあった歯ブラシと歯磨きの仕方を覚えることが非常に重要になり、それを日々実践することが歯周病予防に効果が発揮されます。

歯ブラシの選ぶポイント1:ヘッドの大きさ

・歯磨きを効果的に行うために、歯の大きさに合わせた歯ブラシを選ぶ必要があります。ヘッドと呼ばれる、歯磨きの毛が付いた先端の大きさを歯の1本の大きさ程度のものを選ぶようにします。歯の大きさ程度にすることにより歯を1本1本丁寧に磨くことが出来、さらに、奥までしっかり磨くことが可能になります。

歯ブラシの選ぶポイント2:歯ブラシの毛の硬さ

・歯ブラシの毛先の硬さは、清掃性の効率を変えます。硬い毛先は表面をより早く効果的に清掃することが出来ますが、歯の隅々まで磨くことが難しいです。そのため、特に歯周病では毛先がやや柔らかめの方が毛先が、柔軟に歯周ポケットの中まで到達しやすくなるため、時間がかかりますが歯茎の奥まで清掃できるようになります。

歯ブラシの選ぶポイント3:毛先の形

さらに、歯ブラシの毛先の先端が細くなっている【テーパード毛】と呼ばれる毛先であればより効果的に歯周ポケットの中まで歯磨きが行えます。

歯医者が教える口臭予防の歯磨きブラッシング方法

・続いて、歯磨きの仕方について説明します。歯磨きの仕方はその人個人の口腔内に合わせて行う必要があります。そして、歯科医師、歯科衛生士の指導の元歯ブラシの仕方を身に付けないと歯周病の予防に効果が期待できません。また、口臭の主な原因である場所があります。その場所を効果的に磨くことも大切になります。

口の中でもどこが口臭の元になりやすいか

・口の中で口臭の原因となる場所は、【歯と歯茎の間(歯周ポケット)】、【歯と歯の間】、【舌(舌苔)】の3つが主な場所です。この場所を効果的に磨くことにより歯周病予防に効果が期待でき、口臭の予防に繋がります。

口臭の元1:歯周ポケット

・正常の場合、歯と歯茎の間に歯周ポケットは形成されません。歯周病が進行することにより、歯周ポケットが形成され、進行とともに歯周ポケットが深くなり、口臭の原因となる細菌が繁殖しやすい環境となります。そのため、歯周ポケット内部までより効果的に歯磨きが出来ないといけません。

口臭の元2:歯と歯の間

歯と歯の間は、普通の歯磨きだけではなかなか磨くことが出来ない為、歯周ポケットが深くなりやすくなり、口臭の原因となります。そのため、歯ブラシだけではなく、フロスや糸ようじなどの清掃補助用具を使用し、対策します。とくに奥の歯と歯の間には、【歯間ブラシ】を用いると非常に効果的です。

口臭の元3:舌(舌苔)

歯周病が進行すると、歯周病の細菌とプラークが舌に付着して【舌苔】を形成します。舌苔は歯周病の次に口臭の原因となります。そのため、歯磨き同様舌を磨くことは口臭を防ぐためには非常に重要になります。舌を舌掃除専用の【舌ブラシ】を用い1日1回程度は磨く習慣を身に付けるようにします。

効果的なブラッシングのポイント

・ブラッシングの方法はいくつかあります。例えばバス法やスクラビング法に代表されるブラッシング方法があります。さらに、より効果的にブラッシングを行うためにはいくつかのポイントがあります。

ポイント1:時間

・歯を1本1本ずつ丁寧に磨くことにより、口臭の原因が減少します。大きな動きで歯磨きをするとブラッシングの効果は期待できません。1本1本丁寧に時間をかけて磨くことが非常に大切になります。

ポイント2:磨く順番

・歯磨きに磨きムラを作らないようにするために、どこから磨いてどの順番で磨いていくというような磨く順番を習慣づけると上手に効果的なブラッシングを行えるようになります。

ポイント3:磨く力

・適度な磨く力でないとブラッシングは上手に出来ません。力が強いと歯茎を傷つけてしまったり、ブラシの先端が歯周病ポケットに入っていきません。力が弱くても同様です。そのため、鉛筆を持つような握り方であまり力を入れないで、軽く歯周病ポケット内に毛先が入っていくような厚でブラッシングするようにします。

ポイント4:スクラビング法

・虫歯、歯周病の両方に効果的な歯磨きの仕方です。毛先を歯と歯茎の間あたりにおいて、細かく振動させます。正面は横磨き、奥歯は斜め45℃くらいに歯に当てるように磨くようにします。1本1本丁寧に磨くことがポイントの1つです。

口臭と歯磨き粉

・歯磨きをすることは歯周病予防になり、それが口臭の予防につながります。歯磨きするだけでも歯周病予防になりますが、歯磨き粉を使用することによって、さらに予防に効果が期待できます。

口臭に対しては、歯磨き粉に含まれる芳香剤などが口腔内に清涼感を与えてくれるために、臭いの減少にもなります。さらに歯周病予防の成分が含まれているものや、口臭予防に特化した歯磨き粉も現在販売されているので、歯周病同様口臭予防に対しても最近は非常に注目されています。とくに、歯周病の細菌に対して殺菌効果がある成分を含む歯磨き粉を使うと、非常に口臭の減少に効果があるという方が多いです。

おすすめ歯磨き粉

・最近では口臭に特化した歯磨き粉が多数販売されています。まずは市販されていて、これを使ったら口臭が減ったと評判の歯磨き粉から紹介します。

デントヘルス

一般ドラッグストアで販売されている歯磨き粉に比べると価格は高いが、歯周病に特化した歯磨き粉であり、含まれる成分も【IPMP】という殺菌作用が強い成分が入っており、口臭の原因となる細菌に対して働きかける。薬効成分が歯と歯茎に長く付着するため、なかなか歯周組織へ細菌が付着しづらくなっているという特徴もあるため、より歯周病予防と口臭予防に効果が期待できます。

生葉

CMでもよく目にする有名な歯磨き粉です。天然由来のヒキチオールシャクヤクエキスにより強い殺菌作用により細菌のはたらきを予防します。しかし、やや苦みがあるのがこの歯磨き粉の弱点ですが、ご高齢な方にはその効果があるため、なかなかの人気商品です。

クリーンデンタル口臭ケア

歯周病に特化した歯磨き粉の代表格である【クリーンデンタル】。その中でも口臭ケア向けの製品があります。デントヘルス同様IPMP が配合されており、さらにCPC(塩化セチルピリジニウム)という細菌の増殖抑える成分が配合されています。また、レモンフレーバーであることも口の中を爽快にして、より一層口臭を防いでいます。この歯磨き粉に出会って口臭が無くなり人生が明るくなったという方さえいるくらいです。

コンクール

最近特定のドラッグストアで目にするようになった注目すべき商品に、【コンクール】があります。コンクールはもともと歯科医院でのみ販売、使用が認められていた商品でしたが、最近では市販でも流通するようになりました。コンクールはもともと含嗽剤としてゆうめいでしたが、コンクールの歯磨き粉も販売されており、コンクールに含まれる【クロルヘキシジン】は非常に強い殺菌作用があり、歯周病の細菌に強く作用するため、口臭の予防にも効果があります。

以下の商品はアマゾンなどのネットで販売されている商品です。口臭の原因を即座に無くすことができる優れた商品です。

プロフレッシュ

口臭の原因を作る歯周病病原細菌などは酸素が苦手です。プロフレッシュに含まれる二酸化塩素(ClO₂)によって細菌に酸素を供給させて、揮発性硫化化合物の発生を生じます。生理的口臭を即座に収めたい時などに非常に効果的です。

TO BE FRESH

口腔内の細菌叢(口腔内フローラ)のバランスを整え、歯周病、虫歯予防によって口臭を防ぐと言う着眼点により開発された歯磨き粉です。植物性のヒノキチオールやテレビン油などが口臭を防ぐことに働きかけて、口の中をさわやかにしてくれます。

まとめ

・歯磨きは口臭を予防することに対して1番重要な事です。毎食後しっかり歯磨きをすることによって口臭をはじめ、歯周病、虫歯などから口の中の健康を守ることができます。

そして、歯磨き粉はあくまでも歯磨きの補助的なものです。歯磨き粉によって一時的には口臭を防ぐことは出来ますが、しっかりとした歯磨きが出来ていなければ根本的な口臭を防ぐことができません。歯磨きが上手に出来た上で歯磨き粉を使うことがより口臭を予防することになります。自分にあった歯磨きを選んで歯磨きをして口臭を無くしましょう。

Pocket