加齢臭の原因知っていますか?食生活からできる対策はコレ

Pocket

「原因を知って万全の加齢臭対策がしたい!」
加齢臭が気になってきた方皆が思う事ですよね。
40を過ぎると気になってくる加齢臭が仕方のない事だとはいえ、食生活により加齢臭がひどくなることも、少なくなることもあるのです。
間違えて加齢臭を増やしてしまう食事を続けていたら大変です。加齢臭の原因を知って今の食生活を見直してみて下さい。

何で加齢臭がするようになるの?

加齢臭の原因はズバリ「ノネナール」このノネナールは、2~30代の男女からはほぼ検出されないんです。
しかし、残念なことに40歳をすぎるとだんだん体臭に含まれるようになってしまいます。
なぜ40歳を過ぎるとノネナールが含まれてくるのでしょうか?

ノネナールができてしまう原因はコレ!

ノネナールができてしまう原因ですが、実は皮脂の成分って年と共に変わってくるのです。そのターニングポイントが40代。
40歳を過ぎると増えてくるものに、
・9-ヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)
・過酸化脂質(活性酸素で中性脂肪やコレステロールが酸化されたもの)
があります。。
でも、この9-ヘキサデセン酸、実はニオイはしていません。
ではなぜにおってしまうのか?ですが、それに過酸化脂質が関わってきます。

この9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質で酸化されると加齢臭の原因「ノネナール」になってしまい、加齢臭がしてしまうのです。

「9-ヘキサデセン酸」と「過酸化脂質」を減らすには

加齢臭の原因は「ノネナール」だとすれば、加齢臭対策はノネナールを減らすことになるのです。
それでは、ノネナール発生の原因である「9-ヘキサデセン酸」と「過酸化脂質」を減らす方法はどんなものがあるのでしょうか?

9-ヘキサデセン酸を減らすには

9-ヘキサデセン酸が加齢臭の原因となるのですが、これはもともと体の中にある脂肪酸なのです。その脂肪酸が加齢によって増えるのですが、少しでもその増加を減らすためにできることはあるのです。
それが、「食生活の中の脂肪分を見直す」「抗酸化作用を持つ食べ物を食べる量を増やす」
こと。このように、食生活からも改善できます。
今の食生活は、ファーストフードだったりご飯食が少なくなっていることによる洋食化が際立ってきています。
特に脂分の多いお肉やマーガリンをたっぷり塗ったパンを食べる等、動物性脂肪を格段に摂取するような食事をしていると、9-ヘキサデセン酸が増えてしまうことになります。
逆に9-ヘキサデセン酸を増やさない食べ物は魚や野菜の和食中心の食事。
毎食のように肉食で、どうしても魚は苦手・・・という方は、干物だったり南蛮漬け等の生臭く感じにくい魚から始めてみるといいかもしれません。

過酸化脂質を減らすには

そして、過酸化脂質も減らして、9-ヘキサデセン酸が酸化するのを減らさないときちんとした加齢臭対策とは言えません。
過酸化脂質は、中性脂肪やコレステロールが酸化されたものなので、「抗酸化物質」で酸化を防ぐ食べ物を多く取ることが必要です。

抗酸化物質は、野菜などに多く含まれているのですが代表的なものはこれらになります。
1、 ビタミンE(青魚・魚卵類・ナッツ類・玄米・ひまわり油・トウモロコシ油など)
2、 βカロチン(モロヘイヤ・ニンジン・ほうれん草など)
3、 ビタミンC(調理をしていない果物や野菜。パプリカやアセロラジュースなど)
4、 ポリフェノール(赤ワイン・緑茶・ココア・そば・玄米等、ゴマなど)

この中でも特に摂取したいのがビタミンEとビタミンCです。ビタミンEは、「過酸化脂質・ビタミンE・脂質」と脂質の間に入り、脂質の代わりに酸化してくれるのです。
しかも、酸化したビタミンEは、ビタミンCでよみがえってくれるので、またその力が使えるようになります。

これらの食材を効率よくとることで、活性酸素を抑えてくれるので、積極的にとるようにしてください。

ノネナールが作られない食事はこんなもの

動物性脂肪を減らしたり、抗酸化物質を増やしたりと説明してきましたが、実際はどのような食事が加齢臭対策としてよいのでしょうか?和食・洋食それぞれの朝食例を挙げてみます。

・和食の献立の例……玄米ご飯とお味噌汁、焼き魚(サケ)デザートはいちごorバナナ

お味噌汁ですと、溶けだした栄養も一緒に飲むことができる上に、魚や果物でビタミンなども摂取できます。
自炊が難しい方でもお味噌汁はインスタントがありますし、焼き魚もお惣菜でよくあるので、実践しやすい献立ではないでしょうか。

・洋食の献立の例……くるみパン・サラダ(トマト・パプリカ・レタス等)・モロヘイヤのスープ・アセロラジュース

洋食より和食のほうがよいと言いましたが、くるみでビタミンE、サラダやアセロラジュースでビタミンCも摂取できます。
例えばコンビニでパンを買う場合、ナッツの入ったパンを買うようにするだけでもビタミンEが摂取できるので、是非取り入れてみて下さい。

まとめ

加齢臭の原因「ノネナール」、これを全て無くしてしまうのはもちろんできないのですが、和食中心の生活にしたり、意識して脂っこい食事を少なくする。そして抗酸化作用のある食品をとる事はできるのです。
加齢臭対策をしている!と人に気づかれると恥ずかしい方もいるかもしれませんが、お酒のおつまみを、揚げ物ではなくナッツにしてみる等ちょっとしたことでも変わってきます。
まずは食生活の見直しから加齢臭対策をしてみて下さい。

Pocket