その加齢臭の原因はノネナールかも!必見のノネナール対策5選はコレ

Pocket

40代以降の男女の体臭が強くなる原因に、ノネナールが強く関係している事を知っていますか?
何となく知っていても、結局ノネナールってなんなの?と思っている方も多いかもしれません。
今回は40代以降に出てしまう体臭、いわゆる加齢臭の原因となるノネナールが発生する原因と、ノネナール対策をご紹介します。

40代以降の体臭の原因ノネナールとは?

40代以降にするようになる独特の体臭の原因は「ノネナール」という物質だと言われています。中高年に多いにおい成分がノネナールだと言われるようになったのは、まだ歴史が浅く、1999年に資生堂が発見してからなので、まだ20年ほどになります。
そんなノネナールを「臭い」「原因」「性別」「場所」などから詳しく見ていきましょう。

ノネナールってどんな臭い?

加齢臭の原因物質ノネナールは、かいでみたら誰もが納得する「おじさん臭」です。
その特徴は「青臭い」「脂臭い」なのですが、具体的には「古い化粧品のような臭い」「腐った油のような臭い」「ブルーチーズのような臭い」などと言われています。

ノネナールの発生原因は?

なぜノネナールが40代以降に増えてしまうのかを、発生原因は何でしょう?
ノネナールの発生原因は、40代以降増えていくパルミトレイン酸と言われる脂肪酸や、脂肪と酸素が結びつき変質した過酸化脂質になります。
この、脂肪酸と過酸化脂質が結びつき、分解や発酵する時に発生するものが、アルデヒドの一種「ノネナール」です。

ノネナールは女性でも発生する?

ノネナールが発生する理由は年齢によるものなので、特に男女差はありません。
ただ、男性の方が皮脂の量が元々多い事、女性の方がニオイケアや汗のケアをしっかりとする傾向にある事で、加齢臭は男性からすると思っている方が多いようです。

女性の方が皮脂が少ない理由に女性ホルモンが皮脂の分泌を抑えてくれることがあります。
でも、更年期を超えて女性ホルモンが少なくなると、男性ホルモンが多くなって皮脂が多くなります
そのため、女性でも男性と同じように加齢臭が増えたと感じる事があるのですね。

ノネナールは体のどこから発生する?

ノネナールは、皮脂の分泌により発生するので、特に加齢臭がする場所は皮脂の分泌が多い部分です。具体的に発生する場所は
・頭皮
・顔の額から鼻にかけて(てかりやすい場所です)
・耳の後ろから首の後ろ
・胸部
・背中の中心部分
・おへそ周りとおへそ
・陰部

となります。こうみると、上半身のほとんどの部分から加齢臭はしてしまいますよね。
ノネナール自体は水性なのでお湯で洗えば落とす事ができるのですが、皮脂は油性の為お湯だけでは流れてくれません。お風呂に入った後でも石鹸での洗い残しの多い耳の後ろから臭ってしまう事も多いようです。

朝起きて枕からする臭いで加齢臭の指摘をされる事があったり、満員電車で近くの人の加齢臭が我慢できない!と思うのも、加齢臭の出る場所が首の後ろだったり、女性の鼻のあたりだからかもしれませんね。

ノネナールの発生を抑えるには?

では、ノネナールの発生を抑えるのに自宅でできるすぐにでも実践できる5つの対策を見てみましょう。

対策1:脂肪酸・過酸化脂質を少なくする食事をする

脂肪酸と過酸化脂質が結びつくと、ノネナールが発生して体臭となってしまうので、体内から脂肪酸や過酸化脂質を減らすことが大切です。

皮脂の中の脂肪分を減らす

食事中に脂質が多いと、皮脂腺から出る皮脂にも脂肪分が増えてしまいます。特に過酸化脂質が増えると、ノネナールが発生してしまう直接的な原因となります。バターやラード等常温で固まる動物性脂質を控えて下さい。

体内の活性酸素を減らす

体内の活性酸素を減らすには抗酸化作用のある食品を積極的にとることも対策となります。
具体的には、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールを含むイチゴやキウイなどの果物、緑黄色野菜、緑茶や玄米、豆類、海藻類を積極的に摂るようにしてください。

対策2:ストレスを溜めない

ストレスがたまると、体内で活性酸素が発生してしまい、ノネナールの生成量が多くなってしまいます。
ストレスを溜めないのは難しいですが、お風呂に入りリラックスしたり、短い時間でも趣味に没頭する時間をとるなどして、少しでもストレスを解消できるとよいですね。

リラックスできるアロマ入浴もおすすめ

お風呂に入るときに、アロマを入れるのも効果的です。
ノネナール対策におすすめのアロマは「ラベンダー」と「サイプレス」
ラベンダーはリラックス効果以外にも、抗菌作用などがあり、サイプレスには収れん作用や発汗調整作用があるので汗だったり体臭を抑えるのに役立ってくれます
そして、サイプレスはヒノキにも似た香りで、男性女性問わず好まれる香りです。

スプレーを作ったりするアロマはめんどくさそう……と思っている方も、入浴の時に使用すると簡単です。
オイルのみだと水に溶けにくいので、バスソルトに混ぜて使ってください。バスソルトはアロマショップに売っているので、アロマの精油と同時に購入すると良いのですが、もし購入し忘れたら、天然塩大さじ2に、オイル5滴位を入れて使用してください。
天然塩には、微生物の繁殖を抑える働きもあるので、ノネナール対策としてもとてもおすすめです。

対策3:皮脂が溜まるのを防ぐ

ノネナールが発生する直接的な原因である皮脂を、皮膚に残したままにしないのも体臭を減らすための大事なポイントとなります。
人は寝ている間に多くの汗をかくので、朝シャワーや濡れタオルで体を拭くことで皮脂を流す事、そして外出先で汗をかいた時にはできるだけ早く、汗拭きシートなどで拭きとる事で加齢臭を減らすことができます。

朝はシャワーが多いと思いますが、夜の時間があるときにはぜひ湯船につかってください。
しっかりと毛穴が開いて皮脂を落としやすくなるだけでなく、リラックス効果でストレスも軽減されます。

ノネナール対策ができる石鹸やボディソープ・シャンプーを選ぶ

体を洗うときに、ノネナール対策用の石鹸やボディソープを使ってみるのも一つの方法です。ノネナール除去
甜茶エキス・緑茶エキス・柿渋エキスなど、消臭効果のある成分が配合された石鹸やボディソープを使用すると、ノネナールを効果的に減らすことができます。

また、頭皮も加齢臭が出やすい部分なので、朝枕の臭いが気になる方は、シャンプーも加齢臭対策の商品を使用してみて下さい。

対策4:過度の飲酒やタバコに気を付ける

ストレスを解消するのに、飲酒やタバコを吸う方もいると思います。
適度な飲酒は活性酸素を減らしてくれるので、ノネナール対策としてよいのですが、過度の飲酒をすると、逆に活性酸素を増やしてしまいます

また、タバコも活性酸素を増やす原因です。
タバコを吸うと、ニコチン等体に毒となる物質が体内に取り込まれます。すると、その有害物質を攻撃しようと活性酸素が多量に発生してしまいます。
活性酸素は過酸化脂質を作り出す原因となるので、その結果ノネナールが多くできてしまいます。

対策5:衣類に臭いを残さないようにする

体臭は、体だけでなく衣類にもついてしまっています。
体をしっかりと洗いノネナール対策をしても、衣類にしみついたニオイをそのままにしてしまうと、そこにまたニオイがつき、体臭がきつくなったと感じてしまう事があります。

洗濯できる服は大丈夫なのですが、スーツやコートなど、毎日洗うだけではないものに付いたニオイを減らすには、以下のような対策が必要です。
・普段の対策として、脱いだら消臭スプレーで1日のニオイを取る
・クリーニングに出すときに、ドライクリーニングばかりではなく汗抜きのオプションを付ける
この2点を心がけると、汚れだけでなくニオイ対策にもなります。

まとめ

今回は、ノネナールが原因で出てしまう体臭についてご紹介しました。
ノネナールは加齢によって発生してしまうニオイなので、全くなくしてしまう事はできません。
でも、食事や入浴、衣類を清潔にすることで減らすことはできます。すぐ実践できる対策ばかりなので、少しずつ対策して、体臭から解放された生活を送ってください。

Pocket