「加齢臭はいつから発生する?体臭の年齢別原因と対策方法まとめ」

Pocket

年齢を重ねるにつれて現れてくる中高年特有の体臭である【加齢臭】。
この加齢臭はいつから現れてくるかご存知ですか?

また、加齢臭なのかそうでないのか、発生原因や対策も、年代により変わってきます。
そこで今回は、加齢臭や体臭の年齢別の原因と対策方法について調べていきましょう。

■加齢臭はいつから現れるの?

胸や背中などの体幹部分をメインに発生する加齢臭。
一般的には40〜50代くらいから発生しやすいと言われていて、例えるなら以下のような臭いが挙げられます。

・ロウソクに似た臭い
・枯草のような臭い
・脂っぽい臭い
・古本に似た匂い
・茹でた人参のような臭い
・ブルーチーズの臭い

20〜30代のうちはこういった臭いに悩まされる事が少ない代わりに、以下のような臭いが悩みとなる事も。

・酸化した汗が、細菌と混ざり合い発生する脂っぽい臭い
・体が疲れた時に出やすいアンモニア臭の汗
・その他、口が臭い、足が臭い、ワキガ臭、タバコ臭、二日酔いの時のキツイ臭いなど

上記の悪臭を【加齢臭】と勘違いしてしまっている人は多いです。

■加齢臭の発生原因は?

加齢臭は、皮脂成分が酸化することにより発生するとされています。
人は年齢を重ねるごとに抗酸化力が落ちていく為、体内の脂肪酸が酸化しやすくなってきます。

この時に体内で作られる【ノネナール】という物質が加齢臭の原因です。

加齢臭の原因物質であるノネナールは、皮脂中の9-ヘキサデセン酸の酸化、もしくは皮膚常在菌により分解されてできるとされています。
また、バクテリアという皮膚に住み着いた細菌も発生源となるようです。

脂肪酸の老化の元となる【活性酸素】ですが、普通は体内に備わる【抗酸化物質】が取り除いてくれるようになっています。

しかし抗酸化物質は年齢を重ねるごとに減少していくので、歳を取れば取るほど活性酸素を取り除ききれなくなってしまうのです。

残ってしまった活性酸素が増えると【酸化した脂質】が増加していき、加齢臭に繋がっていきます。

ちなみに女性の場合は、女性ホルモンが減少する閉経後から皮脂分泌が抑えられにくくなるため、加齢臭が現れやすいとされています。

■若い世代に加齢臭は少ない?

加齢臭が40〜50代あたりから発生しやすいというのは先程お伝えした通りですが、最近は若いのに加齢臭に悩む人も増えてきているのだとか。

若い世代、特に20代くらいの人で、加齢臭のもととなる活性酸素が発生する原因としては以下のような例があります。

・不規則な生活習慣
・暴飲暴食や偏食、栄養バランスの悪い食事
・過度な喫煙、飲酒
・過度なストレス

ところが実際のところ、20代で加齢臭が発生するケースは少ないとの事。
加齢臭だと思いこんでいるだけで、実際は体臭の一つであることが多いそう。

加齢臭が現れてしまうのは、皮脂の酸化や常在菌の働きによりノネナールが生成されるからです。
なので同じように皮脂が関係している別種の体臭を、加齢臭と間違えてしまっているケースは多いようです。

特に以下の部位は皮脂分泌が多く臭いが発生しやすい場所になります。

・頭部
・耳の後ろ
・背中
・脇の下
・デリケートゾーン
・足

■加齢臭の年齢別対策・30代

ここからは、年齢別・加齢臭の特徴や対策について詳しくまとめていきますね。

まずは30代から。
早い人なら30代前半くらいから「これって加齢臭なのかな?」と感じるようになる場合もあると言われています。

ですが30代で加齢臭が出る事は少ないそうで、どちらかといえば加齢臭に似た【ミドル脂臭】であるケースが多いです。

ミドル脂臭は、体内から【ジアセチル】という成分が分泌されることで起こる体臭の一つです。

ジアセチルは、汗に含まれる乳酸が皮膚常在菌により分解されることで作られます。
このジアセチルが皮脂の中鎖脂肪酸や、皮膚に住み着いた雑菌などとあわさることで、アブラ臭いにおいを発するようになります。

廃油に近い、使い古した油のような臭いがしたら、ミドル脂臭を疑った方が良いですね。

ちなみに女性の場合、35歳以降から女性ホルモンの分泌が減少してきますので、皮脂分泌活動もそれまでより活発になる傾向が。
これがミドル脂臭発生の原因となる事も多いです。

そんな30代のミドル脂臭の対策方法は以下の通りです。

【1】シャンプーやボディソープを変える

この年代でミドル脂臭が発生しやすい場所は頭部です。
なのでまずは、シャンプーやボディソープを変えてみるのが手っ取り早いでしょう。

一般的なシャンプーやボディソープだと殺菌成分を含んでいるものは少ないので、加齢臭やミドル脂臭対策用のシャンプー・ボディソープを選んでみてください。

たとえば、ケイヒエキスやグリチルリチン酸が含まれているシャンプーやボディソープがオススメです。
ミドル脂臭の原因物質【ジアセチル】の発生源となる、皮膚常在菌や雑菌の繁殖を抑えてくれる効果が期待できます。

【2】食生活の改善

ジアセチルなどの臭いの原因成分の発生を抑える為に、食生活の改善で身体の内側から予防していくのも効果的です。

まず控えたいのが、皮脂分泌を活発にしてしまう脂っぽい食事や糖質の多い食事。

肉類も控えめにしたいですね。
肉の食べすぎは腸内環境を悪化させてしまい、便秘・免疫力低下・肌荒れなどが絡んでキツい体臭の原因になります。

最後に塩分の多い食事。
血液をドロドロにしてしまう原因の一つにもなるので、代謝が落ち血流も悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。
これもミドル脂臭の原因に。

食生活の改善は年代関係なく効果的なので、40〜50代であっても心がけて頂きたいポイントです。

■加齢臭の年齢別対策・40代

いよいよミドル脂臭を本格的に悩み出す年代になってくる40代。
人によっては加齢臭を感じ始めてくる人もいるようで、30代でやっていた臭いのケアだけでは間に合わないという人も。

勘違いしやすいのが、「もしかして加齢臭かな?」と思い込み耳の後ろなど見当違いな部分のみを念入りに洗ってしまうこと。

もちろん耳の後ろを洗うことも大事なことではありますが、40代のミドル脂臭対策で気を付けたいのが、30代同様に【頭部】です。

今一度、自分の臭いの種類を判別してみて、以下のどちらの臭いなのかちゃんと判別できるようにしましょう。

・廃油に似た脂っぽい臭い→ミドル脂臭
・古いタンスや枯草のような臭い→加齢臭

対策方法としては、ここまでの項目でお伝えした点に加えて、以下のような対策も加えるのが有効です。

【1】体をむやみに洗いすぎない

体を洗う時に臭いを取りたいあまり、皮膚を過剰に擦りすぎるのは危険です。

皮膚に過度な刺激を与えると皮膚のバリア機能が弱まってしまいます。
その結果肌を守ろうと、皮膚が自ら皮脂を過剰分泌するようになるのです。

なので体を洗うタオルやスポンジは皮膚への摩擦が控えめな物を使い、優しく洗うようにしましょう。

また使うボディソープや石鹸も、殺菌成分だけでなく保湿成分も入っているものを使うのがオススメです。

【2】消臭アイテムは常備

30代のうちならまだ家での臭いケアや、香水・コロンなどでなんとかミドル脂臭をカバーできていたかもしれません。
しかし、40代になるとそれだけじゃ心許なくなってきます。

コートやスーツなどの衣服に付いた臭いもきちんとケアしておきたいところ。
<ファブリーズ>や<リセッシュ>といった消臭スプレーの中には、気になる男の汗などの臭いにも効果的なフレーバーもありますので、自宅や職場のロッカーに1個は常備しておきましょう。

他には、以下の消臭成分が入ったスプレーなどもオススメです。

・カキタンニン
・エタノール
・ミョウバン
・茶カテキン
・ポリフェノール
・銀イオン(Ag)
・重曹
・ユーカリ
・ノコギリヤシ

■加齢臭の年齢別対策・50代

この年代になってようやく本格的な加齢臭と対峙することになります。

加齢臭の原因物質となる【ノネナール】の発生を抑えるには、50代前後から体内で発生しやすくなる【酸化】を抑えるのが1番の対策方法です。

酸化とは、細胞の老化を意味しています。
つまりアンチエイジングを始めることが重要なステップになってきます。

【1】適度な有酸素運動

ウォーキングや軽いジョギングなど、長時間の持続が可能な有酸素運動を適度に行うようにしましょう。

有酸素運動は、体内の悪玉である活性酸素を除去します。
加齢臭の元でもある脂肪を燃焼させることで、有害な活性酸素を減らしていくのです。

【2】サプリメントを飲む

最近のサプリメントはバリエーションが豊富です。
アンチエイジングに有効なビタミン類はもちろん、【アスタキサンチン】【コエンザイムQ10】といった高い抗酸化作用が期待できるサプリメントが多種多様に揃っています。

これらを活用することで、体内の酸化を抑えていくと同時に、加齢臭を発生させにくくします。
お肌も綺麗になって一石二鳥ですね。

【3】食生活の改善

50代になると、若い頃とはまた違った食生活の改善が必要になってきます。

まず肉類を控え、魚や野菜をメインとした和食を心がけましょう。

そして積極的に摂っていきたい栄養素が【ビタミンC】と【ビタミンE】。

どちらもアンチエイジングに効果的な栄養素であり、高い抗酸化作用を持っています。
これらを積極的に取り入れることで、活性酸素を発生しにくくしたり、体内の酸化を抑えてくれる効果が期待できます。

■加齢臭の年齢別対策・まとめ

最後に年代別の加齢臭対策をまとめておきましょう。

・30代以下…主にミドル脂臭対策をしましょう。
この年代のミドル脂臭は頭皮から発生するものが多いので、シャンプーやボディーソープを変えるのが手っ取り早いです。
同時に肉類や脂っこい食べ物を控えるなども有効です。

それでも不快臭が消えなければ、消臭スプレーなどでの対策も必要になります。

・40代…ミドル脂臭を対策することがメインとなりますが、場合によっては加齢臭対策も必要。
30代での対策方法をベースとして、消臭アイテムは何種類か常備しておくのがベスト。

この年代からは特にスキンケアにも気を遣っていきたいところ。
肌を擦りすぎるなど負担を与えると、肌のバリア機能が弱まり皮脂分泌を促し、臭いの原因となるので注意しましょう。

・50代…基本的には加齢臭対策、臭いの種類によってはミドル脂臭対策も有効です。

この年代の臭い対策のキーとなるのはアンチエイジング。
活性酸素をいかに減らし、いかに抗酸化力を上げていくかが大切。

食生活の改善やサプリによるビタミン類の摂取、活性酸素を減らす効果のある有酸素運動を積極的に行っていきましょう。

・年代により、体臭の種類や対策方法は全く違ってきます。
自分の体臭が加齢臭なのかミドル脂臭なのかをよく見極め、それぞれに合った改善方法をとりましょう!

参考サイト…
「加齢臭はどんな臭い?いつから?原因はなに!?チェック方法は!?」https://www.体臭チェック.net/kareisyuutaisaku/
「加齢臭はいつから始まる?20代でも加齢臭がするって本当?」https://fatherjournal.com/kareishu-itukara/
「加齢臭はいつから発生する?予防は何歳からすべき?」https://nioipedia.jp/age_odor/from-when-to-smell.html
「40代男性のニオイは加齢臭ケアだけじゃ消せない理由」http://diamond.jp/articles/-/72202
「加齢臭を消すにはミョウバン水に重曹!消臭効果のある成分まとめ」https://senior-lifehack.com/health/kareishuu-seibun-myouban/
「公益社団法人 福岡県薬剤師会」https://www.fpa.or.jp/johocenter/yakuji-main/_1635.html?mode=0&classId=18&blockId=39042&dbMode=article&searchTitle=&searchClassId=-1&searchAbstract=&searchSelectKeyword=&searchKeyword=&searchMainText=
「特別医療法人財団大和会 広報企画委員会」http://www.yamatokai.or.jp/public/dayori/backnumber/dayori_62.pdf
「NHK 美と若さの新常識 カラダのヒミツ」https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2017/104/270441.html

Pocket